2018.01.29

フットサル日本代表、王者アルゼンチンに連敗…指揮官「この2試合は貴重な経験」

フットサル日本代表はアルゼンチンに2試合合計8失点。フットサル世界王者の実力を体感した
サッカー総合情報サイト

 28日(日)、富山市総合体育館(富山県富山市)で国際親善試合フットサル日本代表vsフットサルアルゼンチン代表が行われた。

 2月にAFCフットサル選手権2018を控えるフットサル日本代表は、これが大会前の国内ラストマッチ。25日(木)の第1戦では2-4で敗れており、GKピレス イゴール、FP星翔太をスターティングメンバーに起用し、第2戦に臨んだ。

 第1戦では開始直後に失点した日本だったが、この試合では開始から30秒足らずでFP清水和也が先制ゴールを挙げる。幸先のいいスタートを切ったかに見えたが、直後にアルゼンチンのFPクリスティアン・ボルットに同点ゴールを決められ、試合は振り出しに戻る。その後はアルゼンチンにチャンスを作らせなかった日本だが、FP逸見勝利ラファエルのパスにゴール前で合わせようとしたFP滝田学はあと一歩届かず、決定機を外してしまう。するとペースをたぐり寄せたアルゼンチンは、先制点を挙げたFPクリスティアン・ボルットのゴールで逆転に成功。1-2とアルゼンチンのリードで前半を終えた。

 迎えた後半、22分に交代出場したGK関口優志がはじいたボールをFPアラン・ブランディが押し込み、アルゼンチンがリードを広げると、23分にはFPパブロ・タボルダが追加点。立て続けに失点した日本は、3点を追う苦しい展開となる。

 36分、アルゼンチンの累積ファウル数が6つとなり、第2PKを得た日本は、これをFP森岡薫が蹴るが、アルゼンチンGKニコラス・サルミエントにはじかれてしまう。直後にFP皆本晃をGKに置きパワープレーを開始。アルゼンチンがさらにファウルを重ね、再度第2PKを得るが、FP清水和也はこれを外してしまう。チャンスを得ながらも得点を挙げることができない日本は、FP星をGKに変更してのパワープレーを仕掛けるが、得点に結びつけることはできずに試合終了。親善試合2戦は2連敗という結果に終わった。

 世界王者のアルゼンチンとの2試合を終えた日本のブルーノ・ガルシア監督は「何ができるか、改善しなくてはならないところの改善に向けた手応えがあったこと、本当に改善を図っていかなくてはいけない部分の輪郭がはっきりしたということは、AFC(フットサル選手権)への準備として大きなブラッシュアップになったと思います」とコメントを残した。また、2試合で8失点を喫したことについて質問が上がると「実際、守備の連携、戦術理解についての不足、不安というものはあまり感じていません。本当にちょっとしたディテール、ほんのわずかな光が漏れるような状況に対して、そこをこじ開けてくるのがアルゼンチンの、世界チャンピオンとしての力だと思っているので、そういうものを僕らが受けるということが自分たちの強化に大きく役に立つと感じています。自分たちと同等、あるいはそういうミスに付け入ることができない相手だと、こういうことは現れてこないので、だからこそこの2試合は貴重なものだったと思います」と話した。

 2連勝で親善試合を終えたアルゼンチンのディエゴ・ジュストッシ監督は、1試合目よりコンディションが整い、気持ちよくプレーができた、と話し「ボールを持った時は、確実なプレーをチャンピオンらしく見せていたし、ボールを持っていない時はこれまでもアルゼンチンがやってきたように、ハングリーな精神でボールを奪いに行きました」と、コメントした。また、フットサル日本代表の印象と、日本での滞在について「ブルーノ・ガルシア監督と日本代表を称えたいと思います。短い時間でここまではっきりと、すべての局面でプレーできるチームを作り上げることができていますので、とてもよかったと思います。私たちは日本に来てこのように満員のアリーナでプレーをすることができ、とても光栄に思っています。皆さんに親切にされたので、外国人としてとても感謝しています。我々にとって健全な経験となりました」とコメントを締めくくった。

 フットサル日本代表は、2月1日(木)から行われる、AFCフットサル選手権チャイニーズ・タイペイ2018に臨む。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る