2014.02.11

「正直難しいグループではない」フウガすみだ…PUMA CUP 2014が3月に開幕

PUMA CUP 2014は3月7日開幕する

 10日、日本サッカー協会は「PUMA CUP 2014 第19回全日本フットサル選手権大会」の公開抽選会を都内で開催。国内最高峰のリーグであるFリーグの各チーム勢と、予選大会を勝ち抜いた地域勢が一堂に会する同大会の3月の開戦を前に、1次ラウンドと決勝トーナメント1回戦の組み合わせが決定した。

 抽選会に出席した前回大会優勝チームの名古屋オーシャンズ、同2位のフウガすみだの代表選手がそれぞれコメントした。

吉川智貴(名古屋オーシャンズ)
「自分たちは王者らしく自分たちの戦いをするだけ。対戦相手どうのこうのではなく、自分たちとの戦いだと考えています。今年もう一度チャンピオンになれるようにチーム一丸となって頑張ります」

前鈍内 マティアス エルナン(名古屋オーシャンズ)
「名古屋はみんなに期待されていると思うので、自分のパフォーマンスをしっかりと出せるようにしたい。(優勝への自信は)もちろん完璧です。まずは決勝トーナメントに向けて1試合1試合を全力で戦っていきたいと思います」

森岡薫(名古屋オーシャンズ)
「僕らのグループにはロボガトという愛知県のチームがいるので、同県同士の戦いは盛り上がるのではないかなと。(前鈍内は優勝への自信は完璧だと言ったが)たぶん緊張でそういう答え方をしたのだと思うが、本当に何が起こるか分からない大会なので、名古屋はFリーグでは連覇していますが、PUMA CUPではまだ連覇はないので、それに向けて頑張ります」

諸江剣語(フウガすみだ)
「グループが決まり、決して楽なグループではないと思いますが、正直そんなに難しいグループではないのかなと思っています。……という理由は同グループに名古屋オーシャンズがいないからというだけなのですが。やはりFリーグの中でも名古屋は別格だと思っていますので、ひたすら同グループにはならないことを祈っていました。また決勝戦で名古屋と対戦できるように、チャレンジャーとして全力を尽くしたいと思います」

金川武司(フウガすみだ)
「たくさんのフットサルファンの方がいる中で、フウガすみだというチームがFリーグのチームを相手にどこまでできるんだというふうに見てくれている方がいると思います。チャレンジをして、弱い者が強い者を倒すというのは見ていてすごく楽しいと思います。そういう試合ができるように頑張ってやっていきたいと思います」

 PUMA CUP 全日本フットサル選手権大会は、サッカーで言うところの天皇杯に相当し、Fリーグの10チームと、各地域予選大会を勝ち抜いた14チームの合計24チームが参加。4チームずつの6グループに分かれて、宮城県、静岡県、愛知県、大阪府での1次ラウンド(3月7日~9日)を行い、勝ち上がった8チームが東京・代々木での決勝トーナメント(3月14日~16日)へと進出する。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る