2013.10.14

Fリーグ前期が終了…6連覇中の名古屋オーシャンズが制覇

 フットサル・Fリーグの前期最終節が14日に行われ、順位が確定した。

 前期優勝は、リーグ6連覇中の名古屋オーシャンズとなった。13勝4分1敗の成績を残し、2ステージ制初年度の今季も前期を制している。

 Fリーグは前期、後期がそれぞれ終了した時点の順位に応じてポイント化。ポイント合計数上位4クラブがプレーオフに進出し、ポイント数3位チーム対4位チームのファーストラウンド、その勝者と年間2位チームによるセカンドラウンドを経て、年間ポイント1位チームとセカンドラウンド勝者が対戦するファイナルラウンドで年間優勝チームを決める。

Fリーグ2013/2014前期の順位は以下のとおり。

1位 名古屋オーシャンズ
2位 シュライカー大阪
3位 バルドラール浦安
4位 湘南ベルマーレ
5位 バサジィ大分
6位 府中アスレティックFC
7位 ペスカドーラ町田
8位 エスポラーダ北海道
9位 デウソン神戸
10位 アグレミーナ浜松

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る