2013.09.22

Fリーグ2013/2014第15節…府中が浦安を相手にアウェイで逃げ切り勝ち

この試合で2得点を挙げ勝利に貢献した山田 ラファエル ユウゴ [写真]=本田好伸

sk0922_f15_01 21日、Fリーグ2013/2014 powers by ウイダーinゼリー第15節バルドラール浦安対府中アスレティックFCが、浦安のホーム浦安市総合体育館で行われ、試合を先行した府中がリードを守り切り3-4で勝利を収めた。

 プレーオフ進出圏内の4位をキープし、さらに上位を狙う浦安は、ホームでのこの一戦を落とすわけにはいかなかったが、立ち上がりから連係が噛み合ないシーンが目立っていた。一方で府中は前線からの出足の早いプレスで浦安を追い込み徐々にリズムをつかむと、5分にコーナーキックからの浮き球を中央で山田ラファエル ユウゴがボレーで合わせて先制に成功する。さらに8分にはカウンターで皆本晃が左サイドを駆け上がると、最後は中央の小山剛史が詰めて追加点。前半を府中が0-2とリードして折り返した。

 後半に入っても府中ペースの展開は変わらず、「前半から後半にかけて選手のポジショニングなどは部分的に良くなったが劇的には良くならなかったので早めにパワープレーを開始した」(岡山孝介監督)と、浦安は26分からGKをフィールドプレーヤーの星翔太に交替してパワープレーで反撃を狙った。しかし次の得点を奪ったのは府中。ゴール前のフリーキックからの落としを山田ラファエルが決めて0-2。さらにパワープレー中のボールを奪ったダンタスが無人のゴールへと蹴り込み0-4と府中がさらにリードを広げた。

  しかしホームの声援を受ける浦安はあきらめない。31分、34分、36分と立て続けにパワープレーからゴールを奪い3-4と怒濤の追い上げを見せる。その後もチャンスを作り、会場はホームチームの同点弾、そして逆転弾を期待し、一気に熱を帯びていた。それでもGK田中俊則を中心に最後まで体を張ったディフェンスを見せた府中が、リードを守り切り逃げ切り勝ちを収めた。

 8位に沈んでいたが、開幕戦で敗れていた浦安にアウェイで借りを返した府中。谷本俊介監督は「後半は相手のパワープレーで苦しい時間帯が続いたがねばることができた。前半戦残り3試合、できる限り順位を上げていけるように頑張りたい」と笑顔を見せた。

[Fリーグ2013/2014 powers by ウイダーinゼリー 第15節 試合結果]
日時:2013年9月21日(土) 会場:浦安市総合体育館(千葉県)

バルドラール浦安 3-4(0-2、3-2) 府中アスレティックFC

文・写真=本田好伸

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る