2013.09.02

AFCクラブ選手権最終日…名古屋が2大会連続3度目の3位に

8得点を挙げ大会得点王に輝いた森岡薫 [写真]=本田好伸

SK_AFC_0901 1日、AFCフットサルクラブ選手権日本2013の決勝戦が愛知県のテバオーシャンアリーナで行なわれ、チョンブリ・ブルーウェーブ(タイ)が、サナイェ・ギティ・パサン(イラン)をPK戦の末に下し、大会初優勝を飾った。また、決勝戦の前に行なわれた3位決定戦は、名古屋オーシャンズが深圳南嶺鉄狼FC(中国)を6-4で破り2大会連続3度目の3位を手にした。

 前日の準決勝でパサンに敗れ、ホーム開催での大会制覇の道が断たれた名古屋にとって、3位決定戦へのモチベーションや前日からの切り替えといった面で懸念材料があった。一方で深圳(セン)にとって名古屋はグループリーグで1-4で敗れている格上の相手であり、3位になることへのモチベーションは名古屋のそれを大きく上回っていた。そしてこの試合が名古屋にとって難しいものとなったもう一つの理由がある。

 深センを指揮するのは、アマランテ・ジョゼ・アジウ監督。昨シーズンまで5年間に渡り名古屋を率いた人物だ。名古屋の手の内を知る知将は、序盤から“奇策”を仕掛けてきた。開始からわずか2分でGKをフィールドプレーヤーに代えてパワープレーを慣行。パワープレーの多くは、リスクを掛けてゴールを奪いにいくため、試合終盤にビハインドを負っているチームが行う。ただ、「ゴールを狙っていくことでリズムをつかみたかったことと、相手のペースを崩すことで(深センの攻守の)バランスが取れ(互角に)戦えると考えていた」(アジウ監督)と、名古屋の強さを認めた上で勝利をつかむための策が講じれた。

 そしてその策が見事に名古屋を苦しめた。パワープレーから直接のゴールではないものの、名古屋のペースが乱れたところで、深センが10分に先制する。その後、名古屋が何度もゴールに迫るも、相手GKの好守に阻まれ、逆に15分に再びゴールを許してしまった。ただこれで目が覚めた名古屋は、16分に吉川智貴の左サイドでの仕掛けから、最後はゴール前の森岡薫が決めて1点を返すと、18分にはセットプレーからペドロ・コスタが決めて同点。さらにその直後には、パワープレーを継続中のイランのシュートをつかんだGKの篠田龍馬が鮮やかなパントキックで無人のゴールへと蹴り込み、ついに名古屋が逆転に成功した(いわゆる「パワープレー返し」と呼ばれる得点で、フットサルではこうしたGKの得点も時々見られる)。

 ただ諦めずにパワープレーを続ける深センに19分に再び同点とされ前半を折り返した。後半、21分の白方秀和の勝ち越し弾、26分の森岡のゴールでこの試合で初めて名古屋が2点をリードしたが、深センもしぶとく食い下がり、28分に1点を奪い返す。ただやはり自力に勝るのは名古屋。36分に森岡のこの試合ハットトリックとなるゴールで再び2点差として、そのまま逃げ切り勝ちを収めた。なお、グループリーグからの5試合で8得点を挙げた森岡は大会得点王に輝いた。

 優勝こそ逃したが、(来年もこれまでと同様のレギュレーションであれば)3位以上に与えられる次のAFCフットサルクラブ選手権出場権を手にし、最低限の結果を残した名古屋。ビクトル・アコスタ監督も「選手にありがとうと伝えたい。選手一丸となって戦い、逆転して勝利できた。彼らを讃えたい」と選手を労った。Fリーグで敵なしの名古屋だが、アジアを舞台にした戦いでは苦汁を味わった。ただ、アジアの強豪クラブとの対戦で、若手選手を含め貴重な経験を積んだ。7日から再開するリーグ戦では、成長を遂げた選手たちがさらなる強さを見せていくに違いない。

AFCフットサルクラブ選手権日本2013 大会最終日
開催日:2012年9月1日
会場:テバオーシャンアリーナ/愛知県

[決勝]
サナイェ・ギティ・パサン 1-1(PK1-4) チョンブリ・ブルーウェーブ
[3位決定戦]
名古屋オーシャンズ 6-4 深圳南嶺鉄狼FC

文・写真=本田好伸

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る