2013.03.16

フウガが完勝し、4年前と同カードでの決勝戦が実現/PUMA CUP 2013

北海道を相手に完勝を収めたフウガ。明日の決勝で“地域リーグの雄”が“Fリーグ絶対王者”に挑む

 3月16日、「PUMA CUP 2013 第18回全日本フットサル選手権大会」決勝トーナメント2日目が国立代々木競技場第一体育館で行われた。準決勝の2試合が行われいよいよ決勝戦へと進出する2チームが決まった。

 準決勝第1試合のエスポラーダ北海道対フウガすみだは、2分、準々決勝でもハットトリックの活躍を見せた鈴木裕太郎がゴール前のこぼれ球を拾い冷静にゴールへ。北海道がいきなりの先制点を挙げて幕を開けた。しかし、北海道のペースになると思われた試合は、一転してフウガが圧倒する内容となった。前半のうちに1-3と逆転すると、後半も神尾佳祐、宮崎曉が得点を挙げ、32分の時点で1-5。ピッチを広く使い、サイドから効果的な攻撃を見せたフウガが早くも試合の趨勢を決めた。北海道は6分を残して、フィールドプレーヤーをGKと交代してのパワープレーで攻め立てるが、1点を返すことしかできないまま、試合は2-5で終了した。

「僕たちはこの舞台に戻ってくることを目標に戦ってきました。4年前の名古屋との決勝戦は(勝利をつかむために)相手の持ち味をいかに消せるかという(自分たちの本来のスタイルではない)戦い方を選択しましたが、今回は自分たちの持ち味を存分に発揮しフウガのフットサルを披露して優勝したいと思います」(フウガすみだ・須賀雄大監督)

 Fリーグのチームを相手に完勝を収めたフウガは、2009年大会で優勝し日本一に輝いている。当時は、勢いに乗り次々とFリーグのチームを撃破していった印象だが、今大会は自分たちの持ち味を存分に発揮して、勢いだけではなく実力で勝ち上がってきた印象があるだけに決勝戦にも大きな期待が集まる。

 もう一つの準決勝、湘南ベルマーレ対名古屋オーシャンズは、湘南が幾度となくチャンスを作って名古屋を攻め立てたが、最後は自力に勝る名古屋が振り切った。先制したのは湘南。5分に岡田サントス ジオゴが右コーナーキックからの落としをダイレクトで強シュート。それまで再三に渡って名古屋のゴールを脅かしていたが、ようやく鉄壁をこじ開けた。しかし7分、名古屋もラファエル サカイのミドルシュートですぐさま同点に追い付く。そこから名古屋が優勢に進めながらもゴールが生まれない展開が続いていたが、そんな中で奮起したのが名古屋のセカンドセットだった。サカイ、渡邉智晃、ペドロ コスタ、吉川智貴がピッチで躍動しチャンスを作ると、18分に左サイドの吉川からのシュート性のパスをペドロ コスタがファーサイドで合わせて名古屋が勝ち越しに成功。後半に入り、27分に名古屋が加点すると湘南もすぐに得点を決めて追い上げるという攻防を見せたが、自力に勝る名古屋がここからペースアップ。34分、38分のリカルジーニョ、37分の北原亘のゴールで湘南を振り切って2-6での勝利を収めた。

 明日17日の決勝戦はフウガと名古屋の対戦。4年前の2009年大会で相見えたカードだ。当時の試合でフウガは、「自陣に引いて守り、カウンターで勝負する」という、勝利するために本来のスタイルではない戦い方を選択。その結果、戦略が見事にはまりカウンターから次々にゴールを奪っていった。名古屋を相手にリードを奪い、一時は追い付かれながらも再び突き放して6-4で勝利し優勝を飾った。

 では明日の試合はどんな戦いとなるのか。須賀監督は「フウガのスタイルで戦う」と明言しているだけに、前回とは違った展開が予想される。フウガのスタイルとは、アグレッシブな守備で相手にプレッシャーを与え続け、そして相手の陣地内でボールを奪取し少ない手数でゴールへとつなげていく戦い方。身体能力や体力面では名古屋に及ばないだけに、そのスタイルでの戦い方を1試合続けることは至難の技だ。

 果たして、フウガの選択が吉と出るか凶と出るか。

 対する名古屋も決してFリーグ王者のおごりがあるわけではない。「(Fリーグが開幕した2007年からの)6年間で一度も取ることができていないタイトルだという自覚がありますし、チャレンジャーの気持ちを持っています。4年前のリベンジには最高の舞台だと思いますのでしっかりと借りを返したい。相手の雰囲気は最高潮ですので、気を引き締めて試合の序盤から全力で臨みたいと思います」(名古屋オーシャンズ・北原亘)と、王者のプライドは捨て、真っ向からぶつかっていく覚悟だ。

“地域リーグの雄”か“Fリーグ絶対王者”か。日本一が決まるその瞬間を見逃すな。

 また、明日17日の決勝戦が行われる会場には元サッカー日本代表の中山雅史氏が来場し、3位決定戦と決勝戦の合間に開催される個人参加型フットサルゲームにゲスト出演。さらに、会場内の特設プーマブースにてトークショーも行われる。試合の行方とともに注目だ。

PUMA CUP 2013 第18回全日本フットサル選手権大会 決勝トーナメント
2013年3月15日(金)~17日(日) 
会場:国立代々木競技場第一体育館(東京都)
【3月16日(金)試合結果】
14:00
エスポラーダ北海道 2-5(1-3、1-2) フウガすみだ
16:30
湘南ベルマーレ 2-6(1-2、1-4) 名古屋オーシャンズ

【3月17日(金)試合スケジュール】
12:00/3位決定戦
エスポラーダ北海道 vs 湘南ベルマーレ
15:00/決勝
フウガすみだ vs 名古屋オーシャンズ

文・写真=本田好伸

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る