FOLLOW US

シュライカー大阪がバルドラール浦安に逆転勝利で2位キープ/Fリーグ

バルドラール浦安は田中智基(写真)のゴールで先制したが、その後に連続失点。逆転負けを喫した

 16日、浦安市総合体育館でFリーグ2012の第22節、バルドラール浦安vsシュライカー大阪が行われ、4-2で大阪が勝利した。

 序盤は厳しいディフェンスで大阪のパスを封じた浦安のペース。勢いに乗った浦安は6分、高い位置でボールを奪いFP田中智基が左足を振り抜き先制する。その後も浦安はボールを支配するが、チャンスで決めきれず徐々に流れは大阪に傾く。18分、FP松宮充義が右サイドを突破し倒れ込みながらゴール前へパスを送ると、これをFP江口孝一が合わせ、大阪が同点に追い付いた。

 後半開始早々、大阪のFPヴィニシウスが放ったシュートのこぼれ球をFP一木秀之がヒールで押し込み逆転する。後半7分には、FP芝野創太が一度は相手GKに止められたものの、こぼれ球を再度押し込んで大阪が追加点を挙げ、2-1とリードした。

 前半同様、浦安はボールを支配し、次々にチャンスを作ったものの、フィニッシュの場面でパスが合わず。FP星翔太のGKと一対一の場面でも、ループシュートがポストに当たってしまうなどツキにも見放された。後半12分、浦安は流れを変えるべく、タイムアウト後にGK藤原潤に代えてFP稲葉洸太郎を投入し、パワープレーを開始。大阪のディフェンスをなかなか崩すことができなかったものの、試合終了残り1分にFP星の一瞬のスキを付いたトゥーキックが決まり1点差に迫る。その後もパワープレーで同点に追い付こうとする浦安だったが、試合終了間際にボールを奪った大阪のFP佐藤亮が放ったシュートがブザービートとなり試合は終了した。

 2位の大阪は3位の府中アスレティックFCとの勝ち点差は1のままで熾烈な争いが続いている。浦安は勝ち点31で6位のまま。3位の府中との勝ち点差は10で、プレーオフ圏内である3位以内に入るのがさらに厳しくなってきた。

 Fリーグ2012の第23節は21日~23日、各会場で行われる。

▼Fリーグ 第22節の試合結果
府中アスレティックFC 2-1 ペスカドーラ町田
バサジィ大分 4-2 アグレミーナ浜松
バルドラール浦安 2-4 シュライカー大阪
名古屋オーシャンズ 3-2 エスポラーダ北海道
湘南ベルマーレ 3-5 デウソン神戸

[取材・文]=山田湖太郎(サッカージャーナリスト養成講座)
[写真]=大内 守(サッカージャーナリスト養成講座)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO