2012.11.12

フットサル日本代表のGK川原永光「正直、もうちょっとやれたとは思う」

多くの好セーブで日本を最後尾から支えた川原

 2012FIFAフットサルワールドカップの決勝トーナメント1回戦が11日に行われ、グループAを1位で突破したウクライナとグループCの3位で決勝トーナメントに進出した日本が対戦。日本は3-6で敗れて、ベスト8入りはならなかった。

 試合後、GK川原永光が大会を振り返り、以下のようにコメントした。

―グループリーグを突破したことも含め、大会をどのように振り返れるか?
「日本の強さがようやく出たかなという大会でしたね。今までは大量失点とか、失点してしまうと簡単に崩れてしまうチームだったが、今日も6失点してから3点取れたというのは、今の日本の成長だと思うし、やっぱり経験のところでもっともっとやらないといけないところも見えたかなとも思う。ただ、今までの日本代表とは違うとみんなも見て感じてくれたかなと思います」

―川原君のセーブに助けられた場面も多かったが?
「こういう苦しい時に助けられるようなキーパーになりたいとずっと思っていたし、最後の最後でこういう形になったのは心残りというか、悔しいなというのはあります」

―強豪相手に引かれてしまうとやはり経験的な部分で厳しいところがあったか?
「そうですね。球際の寄せるところも寄せ切れていないし、マーク見るところも見れていないとか。細かく挙げたらキリがないくらい。入り方もこの大会でブラジルもそうだし、ポルトガルもそうだし、失点が多かったからそこのところですよね。一番はディフェンスというところで見逃してしまっているところもあると思うし。課題となっているところが穴になってしまったなというのは正直あります」

―トップレベルの強豪国とワールドカップという舞台で4試合戦えたのはすごい大きな経験になったか?
「それはありますね。今まで12点とか二桁とかやられていたというのもありますし。何よりチームが一丸となって結果を残せたことが気持ちいいというのが改めて感じられ、なおさら悔しいという気持ちもありましたけど、8年間の思いがこの大会で吹っ切れたかなというのはありますね」

―見ていてFリーグで日々戦っていたのが出てきたと思うが。
「それは僕も、そう思います。やっぱりFリーグがないのとあるのでは全然違うし。僕も名古屋に来て体作りもそうだし、気持ち的にも精神的にも名古屋に鍛えられたというのはあると思う。それ以外にもFリーグの試合でリカルジーニョや外国の選手とやれて、成長はしていると思うし、レベルアップはそれぞれしていると思う。あとはチームとしての出来だと思いますね。もうちょっとやれたんじゃないかなというのは、正直思いますし。そこがもったいなかったと思います」

―日本はまだまだ強くなるか?
「なりますね。自分らが引退してからも若い子がドンドン出てきてくれなければ困りますけど」

―もう引退するのか?
「いや、わかんないです。次の監督が決めることであって、とりあえず一区切りついたかなと。ある意味重い荷がね、取れたかなというのはありますね。自分がというのは出さないといけないところだと思うし。それだけの重みを感じながら、毎回毎回やってきたし。リーグでも戦ってきたし。Fリーグで優勝したとしても、やっぱりアジア選手権優勝しても、全然素直に喜べなかったんですよね。この4年間のワールドカップの大敗から始まって、なかなか予選突破できなかったというのはすごい悔いに残っていたし。それが今回で(突破できて)本当に嬉しかったし、それがすっきりした」

―代表で結果が出るというのはそれほど重い。
「それはありますね」

―約10年間、日本のゴレイロ(GK)のトップでやってきたのはどういう感じか?
「孤独でしたね、正直。やっぱりいいメディアの方もいれば、たまに来て、たまに止めたからみたいな言い方をされたのはすごい悔しかった。練習とかFリーグとか頻繁に見に来てくれて評価してくれるならまだしも、日本のキーパーはダメだというのも書かれていたし。自分だけ言われるならまだしも、一緒に今回のキーパーの冨金原(徹)もそうだし、藤原(潤)もそうだし。それ以外にも、色んなキーパーがいるのに、自分が結果を出さないと彼らも評価されないというのはすごく重かったですね。その中でやってきたという孤独感というのはすごくあったけど、みんなが今回もそうだけど励ましてくれたし。キーパーのグループではないけど、いいグループになれたのはすごい良かった」

―ゴレイロは特殊なポジションで誰かが出ていたら、フットサルとはいえなかなか出れない。
「それだけに自分がというのはあると思うし、彼らは自分の出たいという気持ちがありながら、褒めるとか励ますとか応援してくれて、それにはすごい感謝しています。何とも言えなかったですね」

―今回で一番の試合を選ぶとしたら、どの試合か?
「やっぱりブラジル戦ですかね。前回の時は12失点で、4位に収まったというのもあるし、自分の中でもいい状態で1番のピークだったというのは正直ありますけど。自分でもできるんだというのは改めて自信にもなりました」

[写真]=本田好伸

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る