2012.11.12

最多4得点のフットサル代表の森岡薫「世界を見れて本当に幸せだった」

チーム最多ゴールを挙げ、攻撃をけん引した森岡

 2012FIFAフットサルワールドカップの決勝トーナメント1回戦が11日に行われ、グループAを1位で突破したウクライナとグループCの3位で決勝トーナメントに進出した日本が対戦。日本は3-6で敗れて、ベスト8入りはならなかった。

 試合後、チーム最多の4ゴールを挙げた森岡薫が大会を振り返り、以下のようにコメントした。

―前半は体が重そうに感じたが、実際どうだったか?
「それは多少あったと思います。向こうもプレスをかけてこなかったですし、こっちのミスでカウンターでやられてしまったというのもあります。できれば、しっかり攻撃の面でもそうですし、ディフェンスの面でもちょっとカウンターに対して対応できなかったというのは、正直課題として残りました」

―正直、前半はリードされるにしても想定外だったのでは?
「そうですね。想定外ですし、あれだけ点数を離されてしまうと、やっぱりキツイですね。でも、しょうがないですね。これは世界の差だと思うし、本当に次に向けてと言っていいかわかりませんけど、僕個人的に4年後を考えたいというのはありますね。せっかく帰化もしたので、徐々に徐々に自分の持ち味といいますか、徐々に自分の出せるプレーができてきていると思っているし。残念に思うことがあれば、もうちょっと早い段階で帰化したかったなというのはありますね」

―後半のプレーは見ている人にも力を与えたと思うが、どういうふうに後半に臨もうと考えていた?
「ミゲル(監督)が言うようにポルトガル戦と一緒で、とにかく前半のことは全て忘れて。やっぱり見に来てくれる人たちのために戦おうと。スペインのことわざらしいんですけど、ひざまずいて死ぬなら、立ったまま死のうという、ことわざでした。そういうふうに僕は直で聞いているんで、やってやろうという気持ちになりましたし。もうちょっと強くなるためには、前半からするべきこと、苦しい時からこっちがリアクションするのではなくて、最初からやってやるという気持ちがないと。でも、正直僕自身はいい経験になりましたし、いい世界を見させてもらえたのでみんなに感謝しています」

―クラブレベルでアジアと戦っているのとは違うか?
「違いますね。僕は見たことなかった世界なので。こういう世界を見られたことは、本当に幸せだと思いますし、さらなるステップを上がって行きたいなというのは」

―自分のプレーにも自信が持てたのでは?
「そうですね、僕は自信にもなりましたし、実際日本以外ではフットサルやっていないので。海外の雰囲気を覚えて臨むなら、また違ってきただろうけど。僕は名古屋というか、日本から出たことないので、フットサルも日本でしか覚えていないですし。それでも僕はできたというのは、非常に嬉しいですし。今までやってきたことは間違いじゃなかったというのはありますね」

―ポルトガル戦のパワープレーは、名古屋オーシャンズのセットに近い形で追いつけたのは、代表の結果とともに名古屋オーシャンズの結果だと思えたが?
「そうですね。そういう面ではもっと長い期間代表でやっていれば、名古屋オーシャンズだけでなく、代表でもそういうことはできるというのは見せられたと思うので。自分としては残念だと思いますし、さっきも言ったように4年後見ながら頑張って行きたいです」

[写真]=本田好伸

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る