2012.11.11

フットサル日本代表、ウクライナに打ち負けてW杯ベスト8ならず

初の決勝トーナメントに挑んだ日本は、ウクライナの前に敗れた

 2012FIFAフットサルワールドカップの決勝トーナメント1回戦が11日に行われ、グループAを1位で突破したウクライナとグループCの3位で決勝トーナメントに進出した日本が対戦した。日本は北原亘や木暮賢一郎らが先発出場。三浦知良はベンチスタートとなった。

 初の決勝トーナメントを戦う日本は、開始3分に失点。パスカットからチェポルニュクに豪快なドリブルシュートを決められてしまう。早々にビハインドを負うと、5分にもGKからのパスを受けたフェドルチェンコに振り向きざまのシュートから得点され、2失点目を喫した。

 追いかける日本は8分にカズらを投入するが、10分にゴール前でボールを奪われてジュルバにゴールを許すと、13分にもロガチョフに強烈なシュートを叩き込まれた。15分には、稲葉洸太郎が相手を引き倒したことでレッドカードを受けて、さらなる劣勢を強いられてしまう。日本は16分にも立て続けに2失点して、前半を6点のビハインドで折り返すことになった。

 後半に入ると日本は、22分にGK川原永光の代わりに小曽戸允哉を投入してパワープレーに出る。30分には、木暮のシュート性のボールを森岡が胸でコースを変え、1点を返す。

 すると31分にも、右サイドを突破した森岡が強烈なシュートを叩き込み、再び得点。直後の32分にも小曽戸のパスから北原が蹴り込んだ。

 日本は、一気に3点差まで詰め寄ったが、4ゴール目は奪えずにタイムアップ。後半の猛攻も及ばず、3-6で敗れてベスト8入りはならなかった。

[写真]=futsalgraphic L.L.C

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る