2012.11.11

FIFAがウクライナ戦を控えるフットサル代表に注目…稲葉「僕らはファミリー」

史上初の決勝トーナメント進出を決めて喜ぶフットサル日本代表

 2012FIFAフットサルワールドカップの決勝トーナメント1回戦が11日から行われ、グループCの3位で史上初のグループリーグ突破を果たした日本は、11日の18時半(日本時間20時半)からベスト8をかけて、グループAで1位だったウクライナと対戦する。

 今大会でチーム最多となる3ゴールを挙げている日本代表の稲葉洸太郎が、ウクライナ戦に向けて意気込みを語った。『FIFA.com』が伝えている。

「僕たちはフットサルのワールドカップで決勝トーナメントに進むのは初めてですが、もしウクライナに勝つことができれば、日本のフットサル界は大きな飛躍を遂げることができると思っています。チームメートも僕も、全力を尽くしますよ」

「3点を決めていることは嬉しいですが、自分のパフォーマンスには満足していないですし、ブラジル戦やリビア戦ではより多くの点を取れました。ウクライナ戦では多くのゴールでチームを助けるために、できることは全てやりますよ」

「ポルトガル戦では、団結力によりチームが強くなっているのは明らかでした。このチームは、真の団結心を持っていますよ。ピッチ上では利己的なことはせず、全てチームのためにプレーします。僕らはファミリーのようですよ」

[写真]=futsalgraphic L.L.C

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る