2012.11.10

ベスト16の相手はウクライナに決定、カズ「次の試合も勝ってさらに上を目指したい」

「上を目指したい」と力強く話したカズ

 ベスト8を懸けて、11日から決勝トーナメントが始まる日本代表は、9日の夕方からバンコク市内で1時間ほどトレーニングを行った。この段階ではまだ次の対戦相手が決まっていなかったこともあり、特別な戦術などのトレーニングは行わなかったが、「心肺機能を上げ、リズムの高いプレーをしたかった」と、15分間にわたり、ハーフコートでの4対4を行うなど負荷を掛けたメニューもこなした。

 このトレーニングの直後、別会場で行われていた別グループの試合結果により、日本代表の対戦相手がウクライナに決定。ミゲル監督は「ワールドカップに入り彼らも(コンディションを)上げてきているし、(10月27日に親善試合で戦った時とは)同じ相手ではないと思って戦わなければいけない」と語った。

 次のウクライナ戦は総力戦になるだろう。日本は、逸見勝利ラファエルが出場停止、高橋健介が負傷で欠場する。フィールドプレーヤーが2人も欠けてしまったということは、つまり三浦知良のプレーヤーとしての活躍が不可欠となるということだ。カズ自身も、今までと変わらずに全力を尽くすことを強調。すでに試合に向けて気持ちを上げてきている。

「とにかく自分のやれることをやるというスタンスは、このワールドカップに入ってからも変わっていないので、ゴールをしたとかドリブルをしたとか、シュートをした、ミスをしたとか、そういうことはいっさい関係ない。とにかく自分のレベルを上げて、気持ちのレベルも上げて、技術を最大限出して、悔いのないように一試合一試合を精一杯やることが今の自分にとって大事です。それは、ゴールを決めたらチームが勝ちに近づくのであればゴールを挙げたいし、前向きなプレーをしたい。チームが勝つことが一番大事なので、ベスト8を目指して集中していきたいです。最初は、グループリーグを突破することが最大の目標でしたが、でも今は、絶対に勝ちたいという気持ちで、新たな緊張感がまた出てきています。目標を達成できたからもういいではなくて、次の試合も勝ってさらに上を目指したいという気持ちが強いし、そういう気持ちの面でいい緊張感があります」(三浦)

「今日は次(のベスト8)に進めるという夢を見て眠りたいですね」(ミゲル監督)。その夢が現実となるか。日本は10日のトレーニングを経て、11日の18時半(日本時間20時半)、勝負のキックオフを迎える。

写真・文=本田好伸

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る