2012.11.02

日本がフットサルW杯初戦でブラジルに敗戦…カズは途中出場

昨年のワールドカップでは、決勝トーナメントに進出したフットサル日本代表

 2012FIFAフットサルワールドカップのグループCの初戦が1日に行われ、日本とブラジルが対戦。日本は木暮賢一郎や逸見勝利ラファエルらが先発出場。三浦知良はベンチスタートとなった。

 日本は前半から前回王者のブラジルの前に劣勢を強いられるが、GK川原永光を中心に得点を許さずにいると、5分にはカズと森岡薫が交代でピッチに入る。

 しかし、日本の守勢は変わらず。14分にはついにブラジルに先制点を奪われてしまう。CKからゴール前で混戦になったところをネトがサイドに繋ぎ、最後はウィルデのシュートが森岡の足に当たり、ゴールに吸い込まれた。

 日本は1点ビハインドで後半を迎えると、後半開始直後に立て続けに失点。21分に日本のパスがカットされたところからネトに得点されると、23分にもゴール前でパスを繋がれ、ウィルデに再びゴールを奪われてしまう。

 日本は、25分にもサイドを突破してきたビニシャスにシュートを叩き込まれ、4失点目を喫してしまう。しかし、28分には左サイドから中央に切れ込んだ稲葉洸太郎が強烈なシュートを叩き込み、1点を取り返した。

 しかし、日本の反撃も1点にとどまり、1-4と敗れて黒星スタートとなった。なお、4日に行われる第2戦ではポルトガルと対戦する。

写真=futsalgraphic L.L.C

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る