2012.10.25

フットサルブラジル代表マルコス監督「カズは日本フットサル界にとって大きな存在になる」

敵指揮官から「日本フットサル界において大きな存在になる」と称されたカズ

 11月1日からタイで始まるフットサルワールドカップに臨むフットサル日本代表は、24日、国立代々木競技場第一体育館でブラジル代表との親善試合を行い、2008年のワールドカップ王者を相手に3-3の引き分けを演じた。

 ブラジル代表を率いるマルコス監督は、試合内容や日本代表について言及。そして、カズについてもコメントした。

「前半はブラジルらしくない内容でしたが、後半はペースをつかみ、セットプレーからの失点はありましたが、ブラジルらしいゲームができました。ブラジルは枠へのシュートを24本放ちましたが(公式記録ではシュート数46本)、(3得点しか奪えなかったことは)日本のGKが良かったのだと思います。来日してからハードなゲームが続いていることや、12時間の時差、ブラジルのリーグ戦がシーズン終了後というタイミングなどを考えると選手には大きな負担があります。ですが、この日本での合宿では全体的に良い感じでできています」

「日本は2008年のワールドカップで対戦した時よりも、戦術面、フィジカル面で成長していました。ミゲル・ロドリゴ監督が良いトレーニングを積んできた成果だと思います。三浦選手に関しては、ブラジルでもプレーしていましたし、ファンでした。まだ戦術面で慣れていないようでしたが、今後、日本のフットサルにとって大きな存在になるでしょう」

[写真]=兼子愼一郎

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る