FOLLOW US

フットサル日本代表、ブラジルと3-3のドロー…カズはシュートなどで会場沸かす

 フットサル日本代表が24日、代々木第一体育館でフットサルブラジル代表と親善試合で激突した。

 三浦知良の先発出場はなかったものの、Fリーグで活躍する逸見勝利ラファエルらがスターティングメンバーに名を連ねた。前半は日本がホームの声援を背にブラジルゴールに迫る場面が目立つ。3分には逸見が先制点を決め、強豪ブラジルからリードを奪った。カズは4分に途中出場を果たし、直後にシュートを放つなど会場を沸かせた。

 前半は日本が2-1とリードしたが、後半に逆転を許す。しかし、小曽戸允哉の得点で同点に追いつくと、守護神の川原永光の好セーブなどもあり、3-3のドローで終了した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA