2012.09.25

フットサル代表合宿1日目を終えたカズ「胸のエンブレムを誇りに感じている」

練習を終え、報道陣の質問に答えるカズ

 フットサル日本代表候補が24日、名古屋市内で強化合宿をスタートした。以下、三浦知良の練習後のコメント。

―軽快な動きが見られたが?
「昨日、Fリーグの試合をした選手もいたということで、リカバリー的なメニューだと聞いていました。自分もケガ上がりですし、横浜FCでも完全合流はしていないので、軽めということならと思っていたら、ゲームっぽいこともやったので、ちょっと遠慮がちでしたが、蹴る感触を確かめながら、自分のペースでやらせてもらいました」

―初めての代表合流だったが?
「ほとんどの選手に初めて会ったんですが、普通に接してくれたと思いますし、良かったです。何の問題もなかったと思います」

―日本代表の練習着はブルーではなくピンクだったが。
「ここ(胸)にエンブレムがついていますので。練習着でも、ホテル着でも、ピリッと引き締まるものがありますし、誇りに感じます」

―ミゲル・ロドリゴ監督とは話したのか?
「練習前に個別に話しましたが、今回のキャンプの目的はコミュニケーションをとって、グループに溶け込むことだと言われました。練習もそうですが、他の選手たちと仲良くなっていくことに比重を置きたいです。個人的にはケガもあるので、どれぐらいできるのか確かめながらやっていきたいなと」

―チームの雰囲気はどうか?
「みんなはFリーグでやっている仲間で、AFCフットサル選手権を優勝したチームでもあるので、雰囲気はとても良いです」

―ゴール後はカズダンスを踊るつもりはあるか?
「試合で点を取らないとできないので。まずは試合に出ることを目標にしたい。みんなとトレーニングしながら、自分のプレーに自信をもってピッチに立てるようになることが先決です。ダンスはあまり考えていません」

―フランス・ワールドカップのメンバー落選のとき、「魂は置いてきた」と話したが、今回代表に選ばれてどんな気持ちがあるか?
「サッカーとフットサルは競技が違うので。それは気持ちの中では別のものとしてとらえています。だから、サッカーでワールドカップに行けなかったことは、今回のワールドカップには関係ありません。これはこれで大きなものと受け止めて、チームの力になれるようにやっていきたい」

―ゲームではシュート15本を打って、ゴール3本を決めたが?
「ミゲル監督にFリーグの試合に出たときに、最も多くのシュートを打ったことを評価されましたが、それは自分の中でも意識しています。フットサルは打てるシチュエーションが短い時間で多く巡ってくる。チャンスがあれば、どんどん狙っていきたいし、そういうポジションにいたい」

―多くのファンが来て、「KINGの魂を世界へ」という横断幕も出ていたが。
「今まで応援してくれてきたファンの方の中には、僕と同じ想いで戦ってくれていると思います。まさか横断幕を作ってきてくれると思わなかったです。責任感を感じますし、ファンのためにも良いプレーをしたいと思います」

―ケガの状態は?
「接触プレーをするのはまだ早いかなと。でも、最後の練習では当たりが良いシュートもあったので。ケガをしたのは1週間ぐらい前です。でも、まだどこまでできるかは確かめながら時間をかけてやりたい。また悪くなったら、戻すという時間はないので、そこは気を付けてやりたい」

―いろいろな選手に声をかけていた?
「そんなことないですよ。近くにいた人に声をかけたぐらい。今はまだ名前も顔もわからないですから。以前年末にフットサルをやった何人かは覚えていますが……。まぁ、8年いる横浜FCでも名字しかわからない選手とかもいるからね(笑)」

―キングシートに座っていた?
「今日はね、早めにバスに乗って座りました。後から来て、『どいて』って言うのも悪いですから。ギリギリに行って、座ってたとして、『そこはオレの席だから』とは言えないでしょ(笑)。20分前に一番乗りで座っていましたから。2回目からはもうわかってくれるかな。一応僕も気を使っているんです(笑)」

―手応えは?
「バスの中で(キャプテンの)木暮(賢一郎)から、昔のフットサル代表の話を聞いたりしました。10年以上前からやってきた人たちの想いが詰まっているし、サポーターも期待してくれている。みんなのやる気は、いつも以上のモチベーションになっていくんじゃないかと思う」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る