2019.06.25

退場者出した広島が激闘制すも…アウェイゴールで鹿島がベスト8進出!

鹿島、広島
セカンドレグで広島が勝利したが、アウェイゴールで鹿島がベスト8進出を決めた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが25日に行われ、サンフレッチェ広島鹿島アントラーズが対戦した。なお、18日に行われたファーストレグでは1-0で鹿島が先勝していた。

 試合開始早々の4分、鹿島にアクシデントが発生する。チョン・スンヒョンが負傷退場し、関川郁万が代わって投入された。16分には広島がフリーキックから野上結城が頭で合わせて決定機を迎えるが、クォン・スンテのスーパーセーブで鹿島は難を逃れる。

 すると33分、押し込まれていた鹿島が先手を取る。名古新太郎のクロスを相手DFがクリアするが、そのセカンドボールを拾った土井聖真がゴール左に流し込み貴重な先制点を挙げた。42分には広島の川辺駿がクォン・スンテをかわして決定的なチャンスを得るが、永木亮太に間一髪でボールを掻き出され再び決定機を逃した。

 1点ビハインドで後半を迎えた広島は48分、途中交代で入ったパトリックが強引にミドルシュートを放つもクォン・スンテにキャッチされる。一方の鹿島は63分、セルジーニョがGKとの1対1の状況でループシュートを放つがゴールの枠を捕えられず追加点のチャンスを逃した。

 広島は67分、パトリックがクロスに頭で合わせたボールはそのままゴールへ吸い込まれて同点に追いつく。さらに72分にはゴール前の混戦から佐々木翔が決めて追加点を挙げた。しかし2点目を決めた直後の74分には広島のGK中林洋次がレッドカードを受けて退場。それにより吉野恭平に代わって林卓人がピッチに入る。

 広島は80分、パトリックがエリア内で倒されるがファウルはもらえない。さらに81分にはパトリックがゴールネットを揺らすも得点は認められず、広島の選手が審判に猛抗議する事態となった。

 89分、コーナーキックのチャンスを得た広島はGK林をあげて総攻撃にかかる。するとこぼれ球を拾った鹿島は素早いカウンターで攻め上がり、土居が無人ゴールにロングシュートを放り込み同点に追いついた。

 広島は90+5分にPKを獲得。これをパトリックが冷静に決めて再びリードするが、得点と同時に試合終了のホイッスル。広島は3-2で勝利したものの2試合合計3-3となり、アウェイゴールで鹿島がベスト8進出を決めた。

【スコア】
サンフレッチェ広島 3-2 鹿島アントラーズ

【得点者】
0-1 33分 土居聖真(鹿島アントラーズ
1-1 67分 パトリック(サンフレッチェ広島
2-1 72分 佐々木翔(サンフレッチェ広島
2-2 89分 土居聖真(鹿島アントラーズ
3-2 90+5分 パトリック(PK/サンフレッチェ広島

【スターティングメンバー】
サンフレッチェ広島(3-4-3)
中林洋次;野上結城、荒木隼人、佐々木翔;清水航平(46分 パトリック)、川辺駿(71分 野津田岳人)、吉野恭平(76分 林卓人)、柏好文;森島司、ドウグラス、柴崎晃成

鹿島アントラーズ(4-4-2)
クォン・スンテ;永木亮太、チョン・スンヒョン(4分 関川郁万)、犬飼智也、町田浩樹;遠藤康(88分 小田逸稀)、三竿健斗、レオ・シルバ、名古新太郎(68分 白崎凌兵);土居聖真、セルジーニョ

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
42pt
横浜FM
39pt
鹿島アントラーズ
37pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
43pt
柏レイソル
43pt
山形
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
北九州
30pt
藤枝
28pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング