2019.03.13

浦和、敵地で貴重なスコアレスドロー…北京国安の猛攻を耐えしのぐ

浦和レッズ
浦和と北京国安の1戦はスコアレスドロー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループステージ第2節が12日に行われ、浦和レッズが敵地で北京国安と対戦した。

 浦和は興梠慎三とアンドリュ-・ナバウトが2トップを組む。一方の北京国安では中国史上最高額の移籍金で加入したFWセドリック・バカンブやブラジル代表MFレナト・アウグストらが先発メンバーに名を連ねた。

 中3日の試合となった浦和は序盤から主導権を握られ、防戦一方の展開となり、前半終了までにゴールに迫るシュートを放つことすらできなかった。

 後半に入り、MF阿部勇樹やFW杉本健勇を投入して改善を図ったが、流れを変えるまでには至らず。それでもGK西川周作を中心とした守備でゴールラインを割らせることなく、スコアレスドローで試合を終えた。

■スコア
北京国安 0ー0 浦和レッズ

■スターティングメンバー
浦和レッズ(3ー5-2)
西川周作;マウリシオ、槙野智章、岩波拓也;長澤和輝(63分 柴戸海)、エヴェルトン、橋岡大樹、宇賀神友弥、柏木陽介(81分 阿部勇樹);アンドリュー・ナバウト(72分 杉本健勇)、興梠慎三

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る