2017.11.26

「勝ちきれない」に終止符を…“タイトル男”遠藤航が狙う次の目標は?

遠藤
先発出場した遠藤 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 右サイドバックとして勝ち取った初めてのタイトルだった。だからこそ率直に「うれしいです。なかなかアジアで優勝するチャンスは、そう巡ってはこないので」とちょっとだけ笑顔を見せた。

 この日、DF遠藤航は浦和レッズのスタメン最年少だったが、いつもと変わらず誰よりも落ち着き払っていた。「どんどん勝ち進んでいけば緊張感のある試合になるので、勝手に集中する。(逆に)しない不安はない」と言い切る。

「そんなに意識しているわけではないけど、チームとして勝ち進んでいくことが団結力や集中力を高めていると思う。今日のチームの雰囲気も良かったし、試合前からいい準備をして、いい声を掛けてやってきていた。それがシンプルに結果につながった」

 4-1-4-1を採用した第1戦はアウェイで1-1の引き分け。「アウェイでは本当に守備的な戦いができていた。前から行きたいところもあったけど、うまくプレッシャーを掛けられなかったので、今日は(MF長澤)和輝くんを前目にして4-4-2でスタートした」。そんな中でも、前に行く時は遠藤が中に入って相手のインサイドハーフにプレッシャーを掛けた。

 スコアレスのまま進んだ第2戦は、80分にアル・ヒラルが退場者を出す。「個人的には残り10分ぐらいになってからは守り切っていいのかなと思った。退場もあったし、それがしっかり守備をするという方向になったのかなと思う」。その後、88分にブラジル人FWラファエル・シルバの劇的な決勝点が決まると、「雰囲気は最高だったんじゃないかな」と振り返った。

 浦和レッズに加入して2年目。1年目の昨年はJリーグYBCルヴァンカップを制し、今年は一気にアジア王者の称号を手に入れた。「自分が来て少しずつタイトルが取れるようになってきていることは意識している。なかなか勝ち切れないチームと言われてきて、実際に浦和に来ると悔しさとして頭の中に残るもの。チャンピオンシップを逃したのもあるけど、ちょっとずつ前進していると思う」。

 ACL優勝を目標の一つに掲げて邁進してきた今シーズン。達成された今、改めて「うれしい」と口にする。そして「クラブワールドカップもしっかりと勝ちたい。すんなり負けて帰ってきてしまうのはもったいない」。次なる目標を掲げ、再びその頂に向かって、遠藤が新たに挑む。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る