2017.10.19

強気の姿勢でフッキを完封…アジア制覇誓う槙野「もう2位のトロフィーはいらない」

槙野智章
フル出場で勝利に貢献した槙野智章 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

「もう2位のトロフィーはいらない」。浦和レッズのDF槙野智章がアジア制覇を誓った。

 18日、浦和はAFCチャンピオンズリーグ準決勝第2戦で上海上港と対戦。敵地での第1戦を1-1で終えていたことから、「心のなかで0-0でもOKっていう気持ちは少なからずあった」(槙野)という心理的に難しいゲームとなったが、11分にFWラファエル・シルバが挙げた虎の子の1点を守り切り、10年ぶりのファイナル進出を掴んだ。

 ブラジル代表FWフッキと対峙した槙野は、第1戦の反省を生かして完封してみせた。「前回やった時は入れ替わられたり、実際にゴールも奪われてしまったんですが、それが僕の中では参考になったと思います」。前半のうちにイエローカードをもらっても臆することなく、「引いてしまっては彼を止められないので、逆にもっとボールを奪いに行くということをしようかなと。デュエルの部分を90分間ワクワクしながらやれました」と終始強気の姿勢を崩さず、相手エースとのバトルを制した。

 ただ、自身にとってもチームにとっても、これは通過点に過ぎない。槙野は「決勝に進んだだけで、まだ何も成し遂げていないので。これで満足していたらいつもの浦和と変わらない。これ以上2位のトロフィーはいらないので、アジアの頂点を取れるように、チームをしっかり作っていければいいなと思います」と10年ぶりの優勝へ向けて意気込みを語った。

この試合の他の記事

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る