2017.10.18

長澤和輝、攻守両面で存在感…試合終盤は「相手の嫌なことをやった」

長澤和輝
中盤で存在感を発揮した長澤和輝 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ準決勝第2戦が18日に行われ、浦和レッズと中国の上海上港が対戦。ラファエル・シルバの決勝点で第2戦に勝利した浦和が10年ぶりのACL決勝進出を果たした。

 第1戦に引き続き、中盤で先発出場した長澤和輝は好守に渡って存在感を発揮。「上海は一回やったことある相手ですし、他のメンバーは3回やっているので。ある程度、相手の特徴は掴んでいたし、今日は上手くできたと思います」と総括した。

 元ブラジル代表のフッキやオスカルらを擁する上海は何度も決定機を生み出したが、浦和はGK西川周作を中心とした堅い守備で最後までゴールを割らせなかった。上海が試合の主導権を握る時間帯が続いたが、長澤は自ら「持ち味」と公言する「ボールを前に運ぶプレー」でカウンター攻撃の起点に。試合終盤は「相手が急ぐシーンも見られたので、そこはカウンターを狙ったり、自分たちが相手の嫌なことをやるという意識でやっていました」と振り返った。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る