2016.05.04

FC東京が前田2発でベトナム王者下し、ACL決勝T進出…日本勢2チーム目の突破

前田遼一
2ゴールでチームを決勝トーナメントに導いた前田遼一(中央) [写真]=三浦誠
サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第6節が4日に行われ、ビンズオン(ベトナム)とFC東京が対戦した。

 ベトナム王者のビンズオンは前節、江蘇蘇寧(中国)に敵地で0-3と完敗し、グループステージ突破の可能性が消滅。しかしながら、ホームではここまで2試合とも負けがなく、意地の一勝を狙う。一方、4年ぶりのグループステージ突破を目指すFC東京は、前節勝てば決勝トーナメント進出が決まる全北現代(韓国)との試合にホームで0-3と敗戦。現在公式戦5試合勝ちがなく、チームは苦しいチーム状況にある。ビンズオン戦は、勝てばグループ2位以上を決めることができるが、逆に負けると敗退が決まる大一番。スタメンには、出場停止明けのDF森重真人やMFハ・デソン、FW前田遼一らが名を連ねている。

 先にチャンスを作ったのはホームのビンズオン。3分、高い位置でボールを奪うと、エリア外中央からモーゼス・オロヤが右足を振りぬいたが、枠を捉えることができない。

 対するFC東京は10分に決定機を迎える。右サイドからのクロスをファーサイドで前田が収める。中央にドリブルで運びながら、エリア内右の東慶悟へラストパス。GKと1対1と迎えて右足を振りぬいたが、ゴール上に外れてしまう。

 21分にFC東京が幸先良く先制に成功する。エリア外中央で水沼宏太がボールをキープすると、右サイドをオーバーラップした橋本拳人にスルーパス。上手くGKを引きつけて中央に柔らかいクロスを送ると、フリーになっていた前田が頭でゴールに流し込んだ。

 リードを奪ってからは、FC東京がボールを保持する時間帯が長くなる。39分、この試合初めて獲得した左CKを小川諒也が左足でクロス。ニアサイドに飛び込んだ前田が頭で合わせたが、枠を捉えることができなかった。

 ペースを握られていたビンズオンは44分、エリア外中央でパスを受けたレ・コン・ビンが思い切り良く右足を振りぬく。ボールは惜しくも左ポストに当たって枠を外れた。このまま前半は終了し、FC東京1点リードで折り返す。

 後半に入って先にチャンスを作ったのはFC東京。50分、相手のパスミスをネイサン・バーンズがエリア外中央で拾うと、ドリブルで仕掛ける。相手DF1人をかわしてエリア内に侵入すると、左足でシュートを放ったが、ゴール上に逸れた。

 55分、相手のミスからFC東京が追加点を奪う。相手DFのパスミスをエリア外中央で前田が拾うと、反転してすかさず前を向く。巧みなフェイントでコースを作ると、左足で強烈なミドルシュートを狙うと、ゴール左隅に鮮やかに突き刺さった。

 2点ビハインドとなったビンズオンも反撃。68分、クリスティアン・アムグがエリア内で丸山祐市に倒されてPKを獲得。キッカーのレ・コン・ビンが右足で冷静にゴールに突き刺して1点差に詰め寄る。

 FC東京は76分にカウンター。ビンズオンの右CKを繋いで、後半途中から出場している阿部拓馬がハーフライン付近左でボールを受ける。スピードを上げてゴールに向かってドリブルを仕掛けると、エリア内左にまで持ち込んで右足でシュート。しかしながら、ボールはGKブイ・タン・チュオンにキャッチされた。

 同点を目指すビンズオンは80分、左サイドでボールを持ったレ・コン・ビンが、距離のある位置から右足でミドルシュートを放つ。ボールは鮮やかな弧を描きながらクロスバーに直撃したが、ゴールには至らない。

 このまま試合は終了し、FC東京が2-1で勝利。自力でACLグループステージ突破を決めて、浦和レッズに続いて日本勢2チーム目の決勝トーナメント進出となった。グループEを2位で終えたFC東京は、決勝トーナメント1回戦でグループGを首位で突破した上海上港(中国)と対戦する。

【スコア】
ビンズオン(ベトナム) 1-2 FC東京

【得点者】
0-1 21分 前田遼一(FC東京)
0-2 55分 前田遼一(FC東京)
1-2 68分 レ・コン・ビン(PK)(ビンズオン)


Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る