2016.04.05

浦和が前回王者・広州恒大を下してACL今季2勝目…武藤が値千金の決勝点

武藤雄樹
先制点を挙げた浦和FW武藤雄樹(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第4節が5日に行われ、浦和レッズと広州恒大(中国)が対戦した。

 3月16日に広州恒大のホームで行われた同一カードは、前半のうちに広州恒大が2点をリードしたものの、FW武藤雄樹とFW興梠慎三の得点で浦和が同点に追いつき、2-2のドローで終えた。浦和は3試合を終え、1勝1分け1敗の勝点4で3位につけている一方で、前回王者の広州恒大は2分け1敗で最下位に沈んでいる。

 浦和は1日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第5節のヴァンフォーレ甲府戦から先発メンバー2名を入れ替え、MF関根貴大とFWズラタンがスタメンに名を連ねた。

 開始早々に決定機を迎えたのは広州恒大。4分、左CKのチャンスを掴むと、ショートコーナーからフアン・ボーウェンが右足ミドルシュートを狙った。強烈なシュートが枠を捉えたが、GK西川周作がなんとか弾き返し、失点を免れた。

 一方の浦和は徐々にボール支配率を高め、相手陣内に攻め込んでいく。24分、右サイドの森脇良太が中央へパスを通すと、これを受けた武藤が左足ミドルシュートを狙ったが、ここはGKゾン・チョンがパンチングで弾き出した。

 再び広州恒大がチャンスを作る。37分、右サイドからフォン・シャオティンがアーリークロスを入れると、ゴール前で競ったこぼれ球をリカルド・グラルが右足ボレーで狙った。ボールは遠藤航に当ってゴール方向に転がったが、わずかに枠の左に外れて難を逃れた。

 前半終了間際の45分、浦和は武藤のドリブル突破からFKを獲得する。エリア手前やや右の位置から柏木陽介が直接狙ったが、壁を越えたボールはわずかに枠の右へ外れてしまった。このままスコアレスでハーフタイムを迎える。

 後半の立ち上がりに広州恒大が決定機を作る。47分、エリア右横でボールを持ったジャン・リンポンが中央へ折り返しのパス。ニアのリカルド・グラルがヒールで落とすと、走りこんだパウリーニョが右足アウトサイドでシュートを狙ったが、ここは右ポストを直撃。ここもなんとか守り切った。

 すると浦和に待望の1点が入る。52分、右サイド深い位置で関根が浮き玉のパスを受けてクロスを入れると、ファーサイドの宇賀神友弥が合わせる。ボールはミートしなかったが、ゴール前の武藤が頭で押し込み、浦和が先制に成功した。武藤はアウェーゲームに続く2試合連続ゴール、今大会3点目となった。

 リードを許した広州恒大は63分にジョン・ジーを下げて、ガオ・リンを投入する。直後の64分、エリア内でボールを受けたリカルド・グラルがフリーでシュートを放ったが、ここはGK西川が右手でなんとか防いだ。

 終盤は浦和がチャンスを作る。80分、左サイドから宇賀神がグラウンダーのボールを入れると、ファーサイドに飛び込んだ関根が合わせたが、ここはGKゾン・チョンがビッグセーブで防いだ。さらに途中出場の李忠成が決定機を迎えたが、ここもゴールを割ることができない。さらに同じく途中出場の興梠がGKと一対一になったが、ここもGKゾン・チョンの好セーブにあってしまった。

 このまま浦和が1-0で逃げ切り、グループステージ2勝目。決勝トーナメント進出に可能性を残した。一方、広州恒大は2分け2敗で最下位のまま変わらず、グループステージ突破が厳しくなった。

 20日に行われるグループステージ第5節で、浦和はシドニーとのアウェーゲームを、広州恒大はホームで浦項スティーラースと対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 1-0 広州恒大(中国)

【得点者】
1-0 52分 武藤雄樹(浦和レッズ)

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る