2013.10.02

日本勢、ACLで5年ぶりの決勝進出ならず…柏が広州に連敗で姿消す

日本勢で唯一勝ち残っていた柏は、ベスト4で姿を消した [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ準決勝のセカンドレグが2日に行われ、中国の広州恒大と日本勢で唯一勝ち残っている柏レイソルが対戦した。

 柏はホームでのファーストレグを1-4で落とし、アウェーで大量点が必要だったが、序盤から押し込まれる。9分にはペナルティエリア内からエウケソンに左足を振り抜かれるが、GK菅野孝憲の好守で失点を免れる。15分にも右サイドからのクロスをエウケソンに頭で合わされ、ネットを揺らされるが、直前にファールがありノーゴールの判定。

 優勢の広州は16分、左CKからボールがエウケソンの足元に収まると、左足のシュートが決まり先制に成功する。20分にはチャン・リンポンが右サイドから強烈なミドルシュートを放つとポストを直撃した。その後も広州が試合を優位に進めるが、追加点は生まれず、前半を終える。

 まずは同点に追いつきたい柏だが、57分に右サイドからのクロスをダリオ・コンカがヘディングで合わせ、決定的な2点目を広州が獲得。79分には広州がエウケソン、コンカとつなぎ最後はムリキがシュートを決め、リードをさらに広げた。

 柏は83分に工藤壮人がミドルシュートを放つが、クロスバーにヒットして得点ならず。87分にはカウンターからムリキがこの日2点目を決め、ダメを押した。試合は4-0で広州が勝利し、決勝進出を決めた。

 2008年大会で優勝したガンバ大阪以来の決勝進出を目指した柏だが、連敗を喫し、ベスト4で姿を消すこととなった。

 決勝はホームアンドアウェーで行われ、ファーストレグが10月25日か26日、セカンドレグが11月8日か9日に開催される。広州は大会初優勝を懸けて、韓国のFCソウルかイランのエステグラルの勝者と対戦する。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る