2013.05.01

ホームで逆転負けの仙台、グループリーグ敗退決定/ACL

仙台
江蘇舜天に逆転で敗れた仙台。グループリーグ敗退が決定 [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグのグループリーグ第6節が1日に行われ、グループEでは、ベガルタ仙台と中国の江蘇舜天が対戦した。

 大会初出場の仙台は、第5節を終えた時点でグループ2位。タイのブリーラム・ユナイテッドと、勝ち点、得失点差、総得点の全てが同じ数値で並んでいた。仙台がグループリーグ突破を決めるためには、同時刻の試合でFCソウルと対戦するブリーラムの結果を上回る必要があった。

 ホームゲームに臨んだ仙台は、24分に待望の先制点を奪う。左サイドバックの蜂須賀孝治がライナー性のクロスボールを上げると、ファーサイドで右サイドバックの菅井直樹が頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。しかし38分、江蘇舜天のリュウ・ヤンイェに、右足でミドルシュートを叩きこまれ、同点に追い付かれてしまった。前半は1-1で終了した。

 1-1で迎えた後半、仙台は逆転ゴールを許してしまう。62分、ロングボールに反応した江蘇舜天のサリキに、最終ラインの背後を取られると、右足でコースを突いたシュートを決められた。1点ビハインドとなった仙台は、ウイルソン、武藤雄樹、中原貴之と攻撃的な3選手を投入して打開を図る。しかし、チャンスは作るものの、同点ゴールを挙げることができない。86分には、途中出場のウイルソンが足裏でのタックルで一発退場。数的不利となった仙台は、90分に赤嶺真吾がペナルティーエリアの手前で相手DFに倒され、直接FKを獲得。しかしこのチャンスを生かすことができず、試合は1-2で終了した。

 そして、グループEのもう1試合、FCソウルとブリーラムの一戦は、2-2の引き分けで終了。この結果、仙台は勝ち点6でグループ4位となり、グループリーグ敗退が決まった。

 グループEの最終順位表は以下のとおり。

1位 FCソウル(韓国) <3勝1敗2分 勝ち点11>
2位 ブリーラム・ユナイテッド(タイ) <1勝1敗4分 勝ち点7>
3位 江蘇舜天(中国) <2勝3敗1分 勝ち点7>
4位 仙台 <1勝2敗3分 勝ち点6>

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る