FOLLOW US

柏が無敗でグループリーグ突破…敵地で3得点快勝/ACL

60分に先制点を決めた柏の工藤 [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグのグループリーグ最終節が30日に行われ、グループHではオーストラリアのセントラルコースト・マリナーズと柏が対戦した。

 すでにグループ首位通過を決めている柏だが、レアンドロ・ドミンゲスやクレオといった主力をスタメンに並べた。前半はグループ2位につけ、中国の貴州人和と決勝トーナメント進出を争っているホームのセントラルコーストが、やや優位に試合を進めるが、スコアレスで前半を終える。

 後半に入り、早々の48分にセントラルコーストはCKを得ると、菅野孝憲が弾いたボールをダニエル・マクブリーンがシュート。しかしゴールライン上でキム・チャンスが防ぎ、柏は事なきを得る。すると柏は、60分に栗澤僚一のスルーパスをディフェンスラインの間で受けた工藤壮人が抜け出し、GKとの1対1を落ち着いて左足でゴール右へ流し込んで、敵地で先制に成功する。

 さらに79分には、増嶋竜也のロングスローからレアンドロ・ドミンゲスがクレオとのパス交換でボールを受けると、相手DFともつれて、こぼれたボールを最後はクレオが押し込み、柏に貴重な追加点が決まる。85分にはレアンドロ・ドミンゲスが中央やや右からのFKを直接沈めて、試合を決めた。試合はそのまま終了し、3-0で柏が勝利した。

 また、同時刻に行われた貴州人和と韓国の水原三星の試合は、2-2の引き分けに終わり、セントラルコーストのグループ2位通過が決まった。

 4勝2分の無敗でグループ首位通過を果たした柏は、決勝トーナメント1回戦でグループFの2位チームと5月15日にアウェー、5月22日にホームで対戦する。

■グループH最終順位

◎1位 柏(勝ち点14)
◎2位 セントラルコースト・マリナーズ(勝ち点7)
 3位 貴州人和(勝ち点6)
 4位 水原三星(勝ち点4)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA