2013.04.09

後半終了間際に同点弾を許した浦和、敵地で勝ち点3獲得ならず/ACL

原口元気
浦和は後半終了間際に同点ゴールを許し、勝ち点3を逃している [写真]=徳原隆元

 AFCチャンピオンズリーグのグループリーグ第4節が9日に行われ、グループFでは韓国の全北現代モータースと浦和が対戦した。

 前節、全北現代に逆転負けを喫した浦和は、開始早々に先制点を挙げる。3分、柏木陽介のコーナーキックをフリーの那須大亮がヘディングで合わせた。7分には、宇賀神友弥のシュートのこぼれ球を梅崎司が押し込み、リードを2点に広げたる。2点ビハインドの全北現代は、浦和ゴールに迫るものの得点を奪えず、前半を終了した。

 迎えた後半、全北現代は早い時間に1点を取り返す。51分、コーナーキックを蹴ったエニーニョが、こぼれ球を拾い、シュートを放つと、ボールは逆サイドのゴールに吸い込まれた。その後も、全北現代がエニーニョを中心に攻勢に出ると、後半終了間際に同点ゴールを奪取。結局試合は2-2で終了し、勝ち点1を分け合った。

 敵地で勝利を逃した浦和は、24日にホームで行われるグループリーグ第5節で、広州恒大と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る