2013.04.04

昨季の悔しさを糧にACL制覇へ…“太陽王”柏がアウェーで大勝/ACL

栗澤の得点を祝福する柏の選手たち [写真]=Getty Images

 柏レイソルが抜群の勝負強さと安定感を披露し、アウェイで水原三星ブルーウィングスに6-2と大勝。ACLグループステージ3連勝を収め、ラウンド16進出に王手をかけた。

 相手チームに4本のPKがプレゼントされる難しい展開にも、“太陽王”は全く動じなかった。

 1-0で迎えた後半開始早々に1本目をPKを与えたが、これを「(相手が蹴る)ギリギリまで我慢した」というGK菅野孝憲が右手一本でセーブ。「流れを変えたプレーができて、自分の仕事としては満足」と語ったとおり、このファインセーブが試合の流れを引き寄せる。

 その直後、51分に栗澤僚一が追加点をマーク。結婚報道があったばかりの栗澤にとっては、自身を祝う“ウェディングゴール”となった。1点目でチームメートの手荒い祝福を受けたボランチは、74分にも2ゴール目を決めた後にもレアンドロ・ドミンゲスの外掛けでピッチに倒され、仲間のボディプレスを受けた。本人は「見た見た? 俺が一番びっくりしちゃった」と言いながらミックスゾーンに入ってくるなど上機嫌。「最近、練習でゴールした時に、チームのみんなから『試合で決めて』って言われてたんですよ。何かが後押ししてくれたのかな」と饒舌だった。

 2本目、3本目はエリア内で鄭大世を倒したという判定。菅野は「テセさん、そんな簡単に倒れないでくださいよ」と言ったそうだが、倒されたほうは「(ファウルを)取るのはレフェリーだから」とすました顔。だが、2本目は鄭大世がバーの上へ大きく“宇宙開発”して大事に至らず。3本目は文字どおり「三度目の正直」でリスティッチに決められてしまったが、相手が2本目を外した直後に田中順也が、3本目を決めた直後には再び栗澤がゴールを奪う。後半アディショナルタイムに4本目のPKを与えたが、鄭大世のキックが再び枠を外れると、途中出場のキム・チャンスの右クロスを工藤壮人がダイビングヘッドで豪快に叩き込んでダメ押しの6点目。これ以上ない勝負強さを見せつけ、アウェイで水原三星を一蹴した。

 FC東京U-18出身で水原三星のキャプテンマークを巻く呉章銀は「思っていたよりも柏が良かった」と語り、鄭大世は「柏は合理的な動きをしていた」と分析した。だが、それ以上に感じたのは、レイソルの選手たちが見せた昨シーズンからの成長だ。

 工藤が「今日は取るべきところで取れた。チームとして乗っていけるゴールだったし、質の高いゴールを見せることができたと思う。今年はACLとJリーグで違った戦い方ができている。去年の経験をうまく出せているし、(ラウンド16で敗退した)あの悔しさは絶対に忘れない。ACLに臨むモチベーションは高いし、Jリーグを代表する気持ちで戦っている。アウェイで勝ててチームも成長していると思う」と語れば、キャプテンの大谷秀和は「失点の後、気落ちせずに集中して、気持ちを切り替えてプレーすることができた。相手よりも球際で戦えていたし、全員でやることをやれている。中国と韓国のアウェイで勝てたのは大きい。昨日の(広島と仙台の)結果も知っていたし、日本勢が韓国に4敗しちゃいけない。今年から日本サッカー協会とJリーグがサポートしてくれているし、優勝への期待も感じている。JリーグとACLの両方で結果を出していきたい」とコメントした。

 名将ネルシーニョに率いられた柏レイソルが、アウェイ韓国・水原で大きな勝ち点3を獲得。グループステージ突破へ大きな一歩を刻み、チーム一丸となって悲願のアジア制覇へ突き進む。

文=青山知雄(Jリーグサッカーキング編集長)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る