2013.04.03

浦和、ホームで韓国の全北現代に逆転負け…後半3失点喫す/ACL

ホームで逆転負けし、グループリーグ2敗目を喫した浦和 [写真]=兼子愼一郎

 AFCチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節が3日に行われ、グループFでは浦和と韓国の全北現代モータースが対戦した。

 前節、今大会初勝利を挙げた浦和は、開始6分に槙野智章が左サイドから中央へドリブルで持ち込み、ペナルティエリア内に進入。槙野を追い越した原口元気にスルーパスが渡ると、原口がゴール右へ流し込み、早々に先制点を得る。直後の10分にも鈴木啓太のスルーパスから原口が抜け出し、GKと一対一となるが、間合いを詰められる前に放ったシュートはゴール左へ外れる。14分には、平川忠亮の右からのグラウンダーのクロスをニアの柏木陽介がスルーし、マルシオ・リシャルデスがシュートを打つが、これもゴール左へわずかに外れた。マルシオは、20分にもFKを直接狙うが、ゴール左上隅のバーを直撃してしまった。前半終了間際に、平川のクロスのこぼれ球を、原口が頭で押し込むチャンスもあったが、GKの好守で得点できず。前半は浦和の1点リードで終える。

 前半を優勢に進めた浦和だったが、51分に右サイド低い位置からのFKの流れから、最後はイ・スンギにゴール右へミドルシュートを決められ、全北現代に同点とされる。攻め込まれる時間の多くなった浦和は、64分に再びFKから後半開始時から投入されたイ・ドングッに頭で合わされ、逆転される。66分に興梠慎三を投入し、反撃を図った浦和だが、70分に全北現代のエニーニョが右サイドの低い位置から右足でロングシュートを放つと、右回転の掛かったボールがGK加藤順大の動きの逆を突きゴールに吸い込まれ、追加点を許してしまう。試合はそのまま終了し、3-1で全北現代が勝利した。

 敗れた浦和は、1勝2敗の勝ち点3で暫定3位に後退。一方、全北現代は、1勝2分の勝ち点5で暫定首位に浮上した。グループFの残り2チームは2試合を消化した段階で、中国の広州恒大が勝ち点4、タイのムアントン・ユナイテッドが勝ち点1となっている。

 浦和は9日に行われる第4節では、全北現代とアウェーで対戦する。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る