2013.04.03

手倉森監督「崩しきれなかったというより決めきれなかった」/ACL

柳沢敦
手倉森誠監督は試合後に「来週の再戦で改めて力を示す」とコメント [写真]=徳原隆元

 AFCチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節が2日に行われ、グループEでは韓国のFCソウルと仙台が対戦。ホームのFCソウルが元浦和のセルヒオ・エスクデロ、元甲府のキム・ジンギュのゴールにより2-1で2勝目を挙げてグループ1位を守った。

 試合後、仙台の手倉森誠監督とGK林卓人、MF梁勇基、FCソウルのがチェ・ヨンス監督次のように試合を振り返った。

手倉森誠監督(仙台)
「ACLのグループステージにおいて、このFCソウルとのアウェイ、ホームの連戦が大きなヤマだと思っていた。最初のプランでは相手にボールを持たせて、いい守備からのいいカウンターを狙ったが、最初のチャンスで決められず、そのあとすぐのプレーで失点してしまった。早い時間に2点を先行されたことで相手が陣形を組んで守ってきたので、反対に我々が持つ形になってしまった。最後に1点を返して仙台のしぶとさを見せられたことは、来週のリターンマッチに向けて良かった。FCソウルはリーグ戦で勝てていなかったこともあり、ナーバスな状況で、危機感を持って試合に入ってきた。2点取らせて、蘇らせてしまったかなとも思う」

「今日は崩しきれなかったというより、決めきれなかった試合。ウイルソンの決定的なシュートもあったので、そこで取れていればという展開だった。ケガ人が相次いでいて、連戦を課すことができない選手が多いのも事実だが、誰が(試合に)出てもいいだけの力はある。チームとしてのバリエーションを持っているほうが、来週、チェ・ヨンス監督を悩ませることができるんじゃないかと」

「ハーフタイムのロッカールームでは、『2点は我々が与えたんだ』と話しました。後半はしっかり仕掛けなければいけない状況だったので、ボールをつなぐサッカーで、相手をはがしていくことを考えて、富田(晋伍)のちらしを選んだ。2点のビハインドをひっくり返すのはパワーがいるが、選手たちは45分間、攻めてくれたと思う。来週の再戦で改めて力を示すためには、ちょうどいいスコアかもしれない」

林卓人(仙台)
「2失点目はイージーなミス、何の言い訳もないです。チームとしては、個々の能力をアップさせなければいけないし、そこは個人が努力して、どこまで高められるか。チームを強くするためには、個人の成長が必要。自分もまだまだ成長したいし、次の試合に出るために練習から全力で取り組んでいきたい。ACLはホームでまだ3試合できる。まだ今日の借りを返すチャンスはある」

梁勇基(仙台)
「アウェイゲームということで、まずは失点せずに粘り強くいこうと思っていたんですが、早い時間に先制され、そこから自分たちの思うようにプレーすることができなかった。Jリーグとボールが違ったり、トラップする手前でボールが跳ねたりして、少し(感覚を)つかめていない感じはありました。ただ、パスミスは自分たちのミス。力不足です。1失点は覚悟していたけど、0-2になると厳しいですね。先制される直前のチャンスを決められなかったし、自分たちが招いた結果だと思う」

チェ・ヨンス監督(FCソウル)
「今日は内容よりも結果が重要な試合だった。選手たちは勝ちたいという闘志と根性を見せてくれた。最後まで集中力を切らさず、リーグ戦につながるいい試合だったと思う」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る