FOLLOW US

デュッセルドルフ、中央大学商学部とカレッジパートナー契約を締結

中央大学とデュッセルドルフがカレッジパートナー契約を締結 [写真]=Getty Images

 デュッセルドルフは26日、中央大学と日本における初めてのリージョナルパートナーとして、カレッジパートナー契約を締結したことを発表した。

 このパートナーシップを締結したことにより、2019年度からスポーツビジネスのプログラムを新設している中央大学の商学部は、デュッセルドルフと提携した講座を設けることが可能となり、最大10人の学生がフォルトゥナでの1週間の研修プログラムに参加することになるという。

 この研修では、クラブのフィロソフィーや戦略マーケティング、チケッティング、CSR活動、ファン対応、ユースアカデミーについてなど、サッカークラブの経営における様々なノウハウをそれぞれの部署の担当者から学ぶだけではなく、フォルトゥナのホームタウンであるデュッセルドルフ市の市庁舎やクラブとパートナーシップを結ぶ日系スポンサー企業を訪問し、フォルトゥナを支援する意義や意味を伺う機会も提供されるようだ。

 さらに、研修の最後にはユースアカデミーチームの試合を視察するだけでなく、トップチームが所属するブンデスリーガのホーム試合で試合運営を学ぶこともできる模様だ。なお、このパートナーシップの契約期間は2020年4月1日からの2年間で、現地ではクラブの日本デスクスタッフがすべて日本語で対応することが明らかとなっている。

 契約締結に際し、フォルトゥナマーケティング役員であるクリスティアン・コケは以下のようにコメントを発表している。

「このパートナーシップを通じ、我々は更なる国際化に向けての新たな一歩を踏み出すこととなります。日本との友好関係は我々にとって非常に重要なテーマであり、中央大学と新しい関係性を築くことにより、日本の方々とこれまで以上に積極的な交流をしていくことができるようになることを誇りに思います。デュッセルドルフにお越しいただき、我々のクラブで1週間の研修プログラムへ参加される学生の皆さんにお会いできることを楽しみにしています」

 また、中央大学理事兼商学部の渡辺岳夫部長は以下のようにコメントしている。

「フォルトナ・デュッセルドルフと提携したことで、新しい講座を設けることができたことを心より嬉しく思っています。中央大学の学生たちは、フォルトナでの研修を通じて、世界でも最先端のサッカービジネスの一端に触れることができます。その経験は、個々の学生の成長に大きく寄与すると同時に、今後の日本のスポーツ・ビジネスの発展のために活かされることになるでしょう」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA