FOLLOW US

高校生アスリートよ、SNSで未来を拓こう 「#サッカーを止めるな2020」プロジェクト

 新型コロナウイルスの影響により、全世界で人々の行動が制限され、経済活動の停止など様々な苦境に立たされています。

 日本のスポーツ界においては東京オリンピック・パラリンピック延期や、プロ野球、Jリーグなど各種プロスポーツの中止、中断、延期などが続いています。また、個人のアスリートも大会中止やトレーニング環境の制限など、困難に直面している状況です。

 影響が及んでいるのは、プロスポーツだけではありません。学生スポーツにおいてもインターハイや春・夏高校野球の中止が決定しました。多くの学生が目標としていた大会が消えてしまったのです。

 高校3年生の多くは、受験勉強に向けて夏の大会で部活を引退します。大会が消えたことで、一生の思い出に残る機会を失っただけでなく、今後もスポーツに本気で取り組んでいこうとしている生徒にとっては、企業や大学への貴重なアピールの場を失うことになりました。

 こういった状況の中、『サッカーキング』の兄弟サイトである『バスケットボールキング』では、学生自らが投稿したプレー動画集などをTwitter、Instagram、TiktokといったSNSに「#バスケを止めるな2020」をつけて投稿してもらい、拡散の協力をするプロジェクトを開始しました。

 時期を同じくして、ラグビー界でも専門メディア『ラグビーリパブリック』(運営:ベースボールマガジン社)が中心となり、同様に「#ラグビーを止めるな2020」プロジェクトを開始。元ラグビー選手であり、日本ラクビー協会におけるタレント発掘活動の中心を担う野澤武史氏も、この状況に危機感を抱き積極的な活動をしています。

 その活動は他競技にも拡散しており、「#野球を止めるな2020」「#ハンドボールを止めるな2020」といったプロジェクトが進んでいます。

 私たち『サッカーキング』もこの理念に共感し、「#サッカーを止めるな2020」プロジェクトを開始します。

 目的は選手や保護者、ご家族、学校関係者の皆さんの想いへ寄り添い、協力をすることです。私たちから大学や企業に接触を図ったり、仲介をするものではありませんが、これまで取り組んできた自身のプレーを見つめ直し、再確認をしてもらう機会として、そして、サッカーという競技への気持ちを再確認してもらうための機会として考えていただければと思います。

「#サッカーを止めるな2020」をつけ、TwitterやInstagram、TikTokといったSNSに自身のプレー動画を投稿してください。自薦・他薦は問いません。SNS投稿時には氏名、学校名、学年、ポジション、身長・体重があるとベターですが、個人情報を発信することでもありますので、投稿前に必ず再確認をしてください。
※他薦の場合は必ず対象者の許諾を得てください。
※投稿によるトラブルが発生した場合、弊社での責任は負いかねますので、ご了承ください。

 困難な状況が続く、高校生の皆さんの一助になれば幸いです。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA