2019.09.23

大阪ダービーを前にC大阪がクラブ史上初のホームタウン一斉訪問を実施

写真=浅尾心祐
サッカー総合情報サイト

 今シーズン、Jリーグ参入25周年を迎えたセレッソ大阪。節目を記念した様々なイベントを開催する中、9月21日(土)には「ホームタウンキャラバン」と題して、クラブ史上初めて全選手(コンディション不良の選手を除く)でホームタウンを一斉に訪問。週末の商店街を桜色で埋め尽くした。



 訪れたのは、ホームタウンである大阪市・堺市の商店街7カ所(駒川商店街、千日前道具屋筋商店街、天神橋筋商店街、淡路本町商店街、千林商店街、堺東商店街、キララ九条商店街)。3~5名のグループに分かれ、日頃から熱い声援をもらっている地元サポーターや地域住民に感謝の気持ちを直接伝えた。

 今回のホームタウンキャラバンについて、キャプテンの清武弘嗣は「大阪はスポーツが盛んで、サッカーもあれば野球もバスケもある。その中でどうサポーターを獲得していくか、ファンを大事にしていくかと考えると、こういった取り組みはすごく大事。少し遅いくらいだとも思いますが、こうやって選手全員で訪問できるのはいいですよね」とホームタウンでのふれあいを喜んだ。

写真=浅尾心祐

写真=浅尾心祐

 7グループに分かれて各商店街を尋ねた選手たちは、自身の名刺や大阪ダービーの告知チラシを配ったり、お店を訪問して言葉を交わしたり、サインや記念撮影に快く応じたりと、積極的に地域の方々と交流し、ホームタウンに笑顔を届けた。

 選手と直接ふれあえるとあって、サポーターはもちろん、地元住民も大興奮。一時は商店街の中に大行列ができるほどのセレッソ・フィーバーとなり、「ホームタウンキャラバン」は大盛況のうちに閉幕した。

 自身が背負う8番のユニフォームを着た多くの子どもたちに囲まれていた柿谷曜一朗は、商店街訪問を終えて「ホームゲームを観に来てくれている子も多いと思うし、セレッソのサッカースクールに入っている子もいたと思う。(僕たちは)そういう子どもたちの目標や憧れにならないといけない。(今シーズンは出場機会が限られているが)もう一回、ピッチに立ち続けて、子どもたちに(自分のプレーを)見てもらえるようにできればと思います」と決意を新たにした。

写真=浅尾心祐

写真=浅尾心祐

 そして、宿敵と激突する9月28日(土)J1第27節ガンバ大阪戦に向けて、自身はケガで欠場が濃厚ながらも、清武がキャプテンとして思いを語った。

 「リーグ戦は好調なので、チームメートがしっかり戦ってくれると思う。選手は毎シーズン入れ替わるけど、セレッソにいる限り大阪ダービーは大事な試合。最近はチーム状況がいい中で対戦している中でも結果を出せていませんが、今年最後のダービーは必ずいい結果を勝ち獲ってくれると信じています」

 ふれあいを通じて笑顔を届けたファン・サポーターをさらに喜ばせるべく、次はホームで迎える38回目の大阪ダービーで、J1リーグ戦では2012年以来となる勝利を目指す。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
56pt
FC東京
56pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
72pt
山形
64pt
横浜FC
64pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
52pt
藤枝
50pt
群馬
49pt
Jリーグ順位をもっと見る