2019.01.21

タイでJリーグ人気が向上、チャナティップ出場試合を約40万人が視聴

タイでの視聴者数が40万人を超えた試合にはチャナティップも出場した [写真]=Getty images
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは、2017年、2018年の海外での放送実績などを公表し、海外におけるJリーグの人気、露出が向上していると発表した。

 2018年は、海外向けに明治安田生命J1リーグ毎節4試合、明治安田生命J2リーグ毎節3試合を配信し、中国や香港、タイなどで放送された。2018年11月末までで、総放送時間は3,767時間、延べ1,287万人が視聴した。

 中でも、“英雄”チャナティップ(北海道コンサドーレ札幌)をはじめ、ティーラトン(現横浜F・マリノス)、ティーラシン(元サンフレッチェ広島)などの母国タイで人気が上昇しており、Jリーグがニールセンスポーツに委託した調査によると、タイでのJリーグの認知度、興味率は1年半前のブンデスリーガと同等まで上昇している。

 海外での総視聴者数の約半数はタイ人で、チャナティップも出場した2017年第23節川崎フロンターレvs札幌では視聴率が1パーセントを超え、約40万人が視聴した。タイで1番の人気を誇るブリーラムユナイテッドの試合でも視聴率は1パーセント未満のため、その人気の高さがうかがえる。

 また、海外でのJリーグに関するニュース報道(TV)についても発表され、報道した国は2017年の67カ国から、2018年は76か国に拡大。取り上げたニュース会社数も48パーセント増という結果で、全世界でのニュース報道数も増加している。

『SNTV』によると、アンドレス イニエスタがヴィッセル神戸に加入した際のニュース報道は、2日間で341回放送され、その報道量は全世界で3番目の多さで、NBA Finalsよりも多く報道された。

 イニエスタやルーカス ポドルスキ(神戸)、フェルナンド トーレス(サガン鳥栖)など海外のスター選手が活躍し、2019シーズンはダビド ビジャ(神戸)らも参戦。Jリーグの人気はさらに加速しそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る