2018.11.22

本田圭佑がアニメ化!?発毛剤「リグロ」の新テレビCMに登場

リグロ® EX5 新 TV-CM「ぶち破れ」篇より
サッカー総合情報サイト

 ロート製薬は発毛成分(※1)「ミノキシジル」を国内最大濃度(※2)配合した第1類医薬品「リグロR EX5」を2018年11月17日(土)に、全国の薬局・薬店などで発売した。発売に合わせて「リグロR EX5」のイメージキャラクターに本田圭佑を起用。新テレビCM「ぶち破れ」篇、「覚醒」篇を、11月22日(木)より全国で放映を開始する。

※1:壮年性脱毛症における男性用発毛剤
※2:国内既承認ミノキシジル製剤中(2018年4月時点)

「ぶち破れ」篇

「覚醒」篇

<以下、リリースをそのまま掲載>

■TV-CM について

「ぶち破れ、今までの自分」をコンセプトに掲げる新CMには、周囲との摩擦を怖れず、常に前向きで、新しいことに果敢にチャレンジする姿勢が幅広い世代から共感を集める、本田圭佑選手を起用し
ました。スタイリッシュなモノクロの画面に、迫力満点のカメラ目線で登場し、今までのやり方に固執して、新しい可能性に挑もうとしない人たちに対して、「ぶち破れ、今までの自分」と喝を入れる本田選手。固定観念や前例主義に囚われて、新しいことにチャレンジしにくいターゲット世代(30~40代)の男性が、本田選手の魂の叫びに触れることで、これからの人生をよりカッコ良く生きてほしいという、次世代に向けた発毛剤「リグロREX5」のメッセージを訴求していきます。

また、今回のCMには、本田選手をアニメ化したインパクト抜群のカットも登場。今まで見たことのない斬新な表現手法を用いることで、「リグロ」がもたらす新しい自分の姿を印象付けます。

■撮影エピソード

◇「スタイリッシュ」「先進性」というキーワードに鋭く反応
コンテ説明の際、監督が発した「スタイリッシュ」「先進性」という言葉に、「それ大事ですね」と鋭く反応していた本田選手。「リグロREX5」の商品コンセプト、メッセージに対して、本田選手に強く共感いただけたことが、本番でのNGや撮り直しがほとんどない、スムーズな進行へとつながりました。

◇鬼気迫る表情、アクションに視線釘付け!文字通り、「どアップ」のサイズ感のカットでは、ほんの少しの顔の上げ下げで、全く表情が異なるため、本田選手はカメラを回す直前、監督とのやりとりを通じて細かく調整し、その場の状況に最もふさわしいベストショットを追求。その直後に披露した本田選手の生き方・生き様が凝縮された表情、アクションには、まさに鬼気迫るものがあり、周りのスタッフの視線を釘付けにしていました。

◇今まで見たことがないアニメ化した自分の姿に興味津々
アニメーションの表現には、本田選手も非常に興味を持っていたようで、最終的にどういう画になるのか、監督に事細かく質問する場面も。複数のタッチで描かれる仕上がりについて、制作チーム同様、ワクワクしている本田選手の心情が垣間見えました。また、アニメーション以外の要素としては、本田選手の周囲から発せられるリグロカラーの「赤い有機的な光のCG」を追加。これにより、本田選手の気迫のこもった表情と演技を、さらに際立たせました。

◇本番一発目の力強い表情にこだわって念入りに撮影準備
本CM一番の見せ場は、セットや演技など、余計な要素が一切ない、本田選手とカメラとの1対1のぶつかりあいです。そこで、何度も繰り返し撮影することで出てきてしまう、こなれた表情にならないよう、同じサイズ、同じアクションを一発撮りで決めるべく、事前に入念なリハーサルを行いました。さらに、本番では「今までの自分をぶち破る」という高いテンションを本田選手にキープいただくため、極限まで各カット間のセッティング時間を削るべく、日本に3台しかない照明機材を採用しています。

◇オーストラリア人スタッフと英語でコミュニケーション
オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ヴィクトリーFCに在籍中の本田選手。オーストラリアのスタジオで行われた今回の撮影には、現地の制作チームも参加していたことから、休憩中に本田選手とスタッフが談笑し、撮影終了後には「今度スタジアムに僕の試合を見に来てください!」と英語で挨拶を交わす場面もありました。

■本田圭佑選手のコメント

僕は今、オーストラリアに来て、新しい挑戦に励んでいるところです。さらに、選手としてだけでなく、カンボジア代表の監督として、新しい挑戦もしています。古い価値観や常識みたいなものを常に打ち破りながら進んでいく中で、周りから批判されることもありました。それでも、ものすごく大事なことは、失敗を恐れず、常に新しいことに挑戦していく姿勢だと思います。

「ぶち破れ、今までの自分」という今回のCMのキャッチコピーは、僕自身が課題としているテーマのひとつでもあります。これが僕だけでなく、日本の皆さん全員で実現することができれば、今以上に素晴らしい日本が生まれるのではないかと。大げさかもしれませんが、僕は心からそう思っているので、皆さん、これからも一緒に成長していきましょう!

■新TV-CM「ぶち破れ」篇(15秒)カット画像

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る