2018.08.27

フリースタイルフットボール世界大会で日本人初の快挙、YOがbattle部門で世界3位入賞

サッカー総合情報サイト

 25日、最大級のフリースタイルフットボール世界大会「Super Ball 2018」が、チェコのプラハで開催。フリースタイルフットボールチームのTeam Air Technician(エアーテクニシャン)のメンバーでもあるYO(ヨウ)がbattle部門で日本人初の世界第3位に輝いた。

 2017年度大会では、日本人最高位の結果を残すものの、ケガに泣きベスト8でフィニッシュ。昨年の悔しい想いを胸に挑んだ今大会では、世界第3位となり表彰台へ上がる快挙を果たした。

 3位決定戦では世界大会という最高の舞台で、同じチームのメンバーであるKazane(カザネ)と日本人対決。Kazane(カザネ)は世界第4位を獲得している。

 Super Ballはチェコで行われる最大級のフリースタイルフットボール世界大会で、2009年より開催。世界中のフリースタイルフットボール選手がこぞってその頂点を目指す、世界フリースタイルフットボール連盟によって認可された権威ある大会となっている。今大会は、全世界から400名以上の選手がエントリーした。

《 YO(ヨウ)とは?! 》

長野県出身。オールラウンドなスタイルで、アクロバットや大胆な技を武器に、今年5月に日本一へと輝く。さらに今年、世界ランクトップ16名の選手のみ出場できる世界大会「ワールドツアー」のメンバーに選出され、日本代表として出場する。長野でのフリースタイルフットボールの普及にも尽力し、コミュニティ作りにも貢献している。

《 Kazane(カザネ)とは?!》

小学4年生の頃からフリースタイルフットボールを始める。当時サッカー部でのリフティング大会では負け知らずで、フリースタイルフットボールというスポーツの魅力に惹かれ、中学生からフリースタイル一筋で活動し始める。2010年の中学1年生の頃、初めて出場した大会で優勝。その後、「Air Technician」というチームを作り、代表を務める。現在では、世界大会や、アジア大会など積極的に出場し、好成績を収めている。2016年にはJFFC U-22という全国大会(22歳以下)で優勝を収めた。そのバトルスタイルは、細やかなオリジナルトリックとバイブス溢れるムーブを駆使し、唯一無二のスタイルで会場を沸かせる。

●オフィシャルサイト:http://management.f-up.jp

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る