2018.05.01

“若きアスリート”の挑戦を全力応援…アディダスが『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』を開催!

サッカー総合情報サイト

 4月28日、アディダスは墨田区総合体育館で「YOUNG ATHLETES CHALLENGE」を開催した。

 アディダスは2017年春夏シーズンより、子供を1人の“若きアスリート”と捉えた新カテゴリー「YOUNG ATHLETES(ヤングアスリート)」を発足。運動能力や体力が著しく成長する小学生をターゲットに、成長に合わせたシューズの開発強化や子供の足型を徹底的に追求したJAPAN MODEL展開が発表された。

 同イベントにはスペシャルコーチとして、サッカー元日本代表の中田浩二氏、ラグビー日本代表の五郎丸歩選手、元プロテニスプレーヤーの伊達公子さん、アルバルク東京GM補佐の佐渡邉拓馬さんが登場。ゴールデンウィーク初日に約500名の小学生が参加し、様々な体験型スポーツプログラムが実施された。

 最初はアディダス考案のトレーニングプログラム、「リズミックトレーニング」でウォーミングアップ。その後、サッカー、ラグビー、テニス、バスケットボールなど様々なプログラムに挑戦した。プログラムは午前中から実施され、参加者たちは夕方まで力いっぱい挑戦した。すると、閉会式ではイベント名にちなみ“最も挑戦した”3名を表彰。なんと、6月に開幕する2018FIFAワールドカップ ロシアの観戦ツアーがプレゼントされた!

 さらに、イベントの最中、ゲストの中田さんが自身の少年時代、プロになる決意をするに至った経緯について、インタビューに応じてくれた。

取材・文=加藤聡

――「YOUNG ATHLETES CHALLENGE」に参加した感想を聞かせてください。

子どもたちも積極的に挑戦してくれてますし、非常に良い雰囲気ですね。

――中田さんにもお子様がいらっしゃいますが、何かチャレンジさせていることはありますか?

うちのはまだ3歳で小さいので、やりたいことをやらせたいと思ってます。だから、特定の競技をやらせるということはないですね。

――サッカーをやらせようとは?

まだないですね。ボールを近くに置いてはいるんですけど(笑)。どちらかと言うと、なぜか野球をやってますし。まずは全身運動で体を動かすことを覚えることが大事だと思うので、こっちから強制することはないし。そういう意味では今日のイベントは僕だけじゃなくて伊達さんや五郎丸さんたちと運動できる素晴らしい機会ですよね。もう少し成長していれば、うちの子も参加させたかった(笑)。

――競技が異なるトップアスリートが集まる機会はなかなかないですもんね。

そうですね。あとは色々な種目をやるということがないと思います。サッカーだけとか、バスケだけっていうイベントは結構あると思いますが、それらの垣根を超えて“スポーツ”にフォーカスしたイベントは素晴らしいと思います。

――中田さんは子どものときからサッカー一筋ですか?

いや、父が野球をやっていて、母親もバレーボールをやっていたので、よく連れられて一緒にやっていました。それは子どもの頃に体験できて良かったなと思います。

――サッカーを選んだきっかけは?

色々なものを体験した中で、サッカーが1番楽しかったし、友達もサッカーを通じて増えていったので。

――そこから「プロになりたい!」と思い始めたのはいつ頃からですか?

小学生のときは、まだプロリーグがありませんでしたからね。でも、1993年にJリーグが開幕して、当時は中学生でしたが鳥取にいたので、ただ「すごいなぁ」と見てただけでした(笑)。だからプロになりたいとは思っていなかったし……。プロを意識したのは高校生になって東京に出てきてから、より現実的な夢になりました。でも、子どものときから「ワールドカップに出たい!」とは思ってました。あとは高校サッカーですね。テレビで放送していたし。

――目標ができて、それに向けて頑張るために心がけていたことはありますか?

僕はとにかく負けず嫌いだったし、失敗を恐れることだけはしないようにしていました。上手くいかないことが多かったし、ただ、練習すればできるようになる。そいうことを積み重ねて分かってきたので、夢に向かって自分にできることをどんどん広げていこうと。それにはやっぱり練習しかないですよ。でも、それでちょっとできたからって満足していると成長はないから。とにかく壁に向かってボールを蹴って、止めて蹴って…っていうのを1人でやってましたね。目標に向かって頑張るから上手くいかないこととか、壁が出てきて、何でできないのか?ということを考えると思うし。目標は変わっても良いと思います。「こうなりたい」と頑張っているときに違うものが見えて視野も広がると思うから。そこは通り道で最後の目標にたどり着けば良い。チャレンジするからこそ色々な道が出てくると思いますね。





 YOUNG ATHLETES CHALLENGEは今後も全国で開催予定。夢を追い、日本スポーツ界の未来を担う若きアスリートたちを応援していく。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る