2018.04.16

日本のサッカーファンに届けたい現場の“声” ~香川真司編~

再び代表で輝くため、香川真司は戦い続けている
サッカー総合情報サイト

 サッカーキング編集部が取材現場で聞いた印象的な“台詞”を紹介する連載企画。第8回は、香川真司が2016年に語った言葉を紹介! 日本代表の10番を背負ってきた男が発した一言とは……。

 2016年12月、香川真司はキリンが主催する震災復興イベント『JFA・キリン スマイルフィールド』に登場した。このイベントはキリングループの「復興応援 キリン絆プロジェクト」の一環として2011年から開催。東北の小学校でサッカー教室を実施し、香川はゲストとして毎年参加してきた。この日は仙台市内の小学校でサッカー教室を開催すると、参加した小学生たちとの交流を楽しんだ。

 イベント後、サッカーキングの取材に応じた香川に2017年への意気込みを聞いた。返ってきた言葉は、

「復活して実力を証明したい」

だった。

 香川の実力は誰しもが知るところだ。セレッソ大阪で結果を残すと、2010年にはドルトムントへ移籍。リーグ連覇など同クラブのタイトル獲得に貢献すると、世界的ビッグクラブのマンチェスター・ユナイテッドへの移籍も叶った。2014年からドルトムントに復帰を果たすと、2015-16シーズンは9ゴール9アシストをマークした。

 しかし、胸の内を吐露したその一言は、香川の現状を表していた。思えば、2016年後半は香川にとって苦難の連続だった。世界トップレベルのアタッカー陣が名を連ねるドルトムントで出場機会を失い、日本代表ではロシアW杯アジア最終予選で苦戦を強いられていた。

 そして、ロシアW杯本戦まで約2カ月となった今、香川真司は再び苦境に立たされている。2月の試合で足首を負傷し、最近8試合は出場できていない。さらに、日本代表からは2017年10月を最後にメンバーから遠ざかっている。

“決定的な仕事”をしてきた香川真司は西野ジャパンで復活できるのか?

 日本代表が揺れている。今月9日、日本サッカー協会はヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任を発表。後任監督には西野朗技術委員長に就任した。ロシアW杯本戦まで約2カ月、監督交代は吉と出るか凶と出るか……、そんな不安ばかりが胸に募る。しかし、チームが生まれ変わろうと、勝利するには決定的な仕事をする選手が不可欠だ。代表でその役割を担ってきた香川も、新生日本代表の候補と言えるだろう。

 とは言え、香川が再び日本代表に選出されるには、まずは戦列に復帰することが急務となる。公式戦からは2カ月間遠ざかっているが、10日にはランニングを再開し、復帰へ一歩前進。4月中の復帰を目処に奮闘を続けている。再び日本代表の10番を背負うために、そして、実力を証明するために。ワールドカップまでの約2カ月間、“前進あるのみ”だ。

(2016年12月掲載)東北の子供たちの夢と笑顔を継続的に…「JFA・キリン スマイルフィールド」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る