2018.04.02

悔しさと同胞の活躍を刺激に…“街クラブの雄”三菱養和SCユースの戦い

サッカー総合情報サイト

 プロ入りした仲間の活躍を刺激に、自分たちも目標を達成する。三菱養和SCユースは2014年の日本クラブユース選手権でJアカデミー勢を連破して優勝するなど、ユースサッカー界で存在感を示している“街クラブの雄”だ。

 昨年も強豪揃うプリンスリーグ関東で3位。プレミアリーグ参入戦決勝で敗れて高校年代最高峰のリーグ戦への復帰を果たすことはできなかったものの、先輩が実現できなかった目標達成へ意欲を燃やしている。昨年足りなかったボール、ゴールへの執着心などを高めること。そして、「ボールを失ってから6秒は全力でボールを獲るという鉄則がある」(MF今野息吹)という切り替え速い守備、前線のスピード、高さを活かした攻撃などで今年もJアカデミーや高体連の強豪に挑む。

 彼らの刺激になっているのが、高校2年生で三菱養和SCユースからガンバ大阪入りを果たし、2月24日のJ1開幕戦でプロデビューしたFW中村敬斗の存在だ。MF松川隼也は「小学校の頃から7年間一緒にやってきて、努力の質が違った。本当に何回も自分が納得行くまで練習するし、自分の身体のことを気遣うし、高校生の頃からプロ意識というか、意識高くやっていた」。活躍する旧友は今でも連絡を取り合う仲間。結果を残して彼に刺激を与えるようなチームになることも、三菱養和SCユースの選手たちの目標だ。

 三菱養和SCユースは2018年からミズノ製のユニホームを着用している。3月下旬のトレーニングでは同社ニュースパイクの試し履きが行われていた。『MONARCIDA 2 NEO JAPAN』を着用したFW勝浦太郎が「FWなので動き出しとか、一瞬で動かないと行けない時がある。このスパイクはそういう時に踏ん張るところでDFと差を出せると思います」と語り、『MONARCIDA 2 JAPAN』を着用したGK渡辺舜作が「フィットしている。初めて履いたスパイクは結構足が痛いんですけど、これならすぐにプレーできる」と評したように、彼らはミズノ社製スパイクの特性であるフィット感や自分の武器を出す部分で効果を実感していた。

FW 勝浦太郎

『MONARCIDA 2 NEO JAPAN』を着用した感想を教えてください。
「凄いフィットしています。あと、インステップで蹴る時とか、ちゃんと自分の足に当たっている感じがして、いつも『MONARCIDA 2 JAPAN』を履いているけれども、それよりもフィットしていて、軽く感じました」

スパイクの中で足が動かない?
「中敷きが良いのか理由はまだ分からないですが、踏ん張る時に全然足の中で動かないので次のプレーに移りやすいというのがあります」

『MONARCIDA 2 NEO JAPAN』を履くことで自分のどのようなプレーを引き出せる?
「FWなので動き出しとか一瞬で動かないと行けない時とかがある。このスパイクはそういう時に踏ん張るところでDFと差を出せると思います」

スパイクには何を求める?
「(試合中に)ボールを触るのも好きなので、靴って感じがしない、素足に近いものを求めているので、これは履きやすいです」

普段、『MONARCIDA 2 JAPAN』を選んでいる理由は?
「これ(『MONARCIDA 2 NEO JAPAN』)といつも迷っていて、JPの方が幅広めと聞いていました。僕ちょっと幅広めなので、そっちの方がいいかなと思っていたんですけれども、これもいいですね」

デザインはどう?
「(ブルーは)いつも履かない色なんですけれども、さっきロッカールームに行ったら、みんなからすぐに『買ったんですか』って反応があった。こういう色もいいのかなと思います」

今年はどのような1年にしたい?
「(先輩や)中村敬斗がいなくなって、みんな思うところがあると思うけれど、それぞれ特長ある選手が多いので、みんなが成長していったら絶対に強いチームになる。だから、自分も含めて覚醒して、またプレミア参入戦に行って昇格したいと思います」

どのような活躍を?
「自分が入ることでみんなの攻撃が良くなる、みんなの良さを引き出す選手になりたい。そして、みんなの点が生まれるような状況を作りながら、自分も点を決めていきたいなと思います」

中村くんの活躍は刺激になる?
「高校から養和入ってきて、ああいう選手がプロになるんだと思ったし、間近で2年間見られたのは凄く大きい。彼から盗む部分も多いので、自分も活かしていきたいと思います」

FW 西田湧大

『MONARCIDA 2 WIDE』を着用した感想を教えてください。
「一番はフィット感が凄くて、あとはボールタッチの感覚が良いという感じですね」

普段履いているスパイクとどう違う?
「(ワイドの分)面積が広いです。あと(カンガルー)革なので包まれる感じで違いますね。そして、ポイントが芝に刺さる感じがします。普段は天然芝用を履いているんですけど、それよりも芝につっかかる感じが良いと思います」

しっかりと地面を掴む感じ?
「ターンしやすいですね。自分はFWなのでポイントが丸の方が動きやすいです」

ターンの他にどのようなプレーを引き出せそう?
「FWなので裏の抜け出しとか俊敏性とか求められるので、このつっかかる感じは活かせるのかなと思います」

ボールタッチについては?
「アッパーの部分の面積が大きくて、当たる部分が大きい感じがするので、ボールタッチが上手く行きそうな感じがします」

今年はどのような1年に?
「FWは点を求められる場所なので点だったり、チームの起点になれる1年にしたい」

自身の強みは?
「自分は背が大きいので、ヘディングとかクロスからの1タッチシュートは負けないように頑張っていきたい」

三菱養和は注目されているクラブ。結果にこだわっていると思うが。
「練習から去年の悔しさだったり、そういう話をしている。練習から真剣に取り組んでいます」

中村敬斗くんにも負けないような活躍を。
「負けられない存在であり、ライバル。敬斗がいなくても点取れなくなっていないよな、と言われないように点を量産したいです」

MF 今野息吹

今年はどのような1年にしたい?
「昨年はなかなか出場機会がなかったんですけれども、このチームは守備メインでそこから攻撃という感じなので守備ができないとダメ。まずそこを意識した上で、この靴で自分の特長を活かしたプレーで頑張っていきたいです」

昨年はプレミアリーグに上がれず、悔しい1年に。
「プレミア参入戦まで行けたんですけれども上がれなくてとても悔しい思いをしたので、今年こそはみんなでプレミアに行く!と思っています」

三菱養和の強みは守備。
「ボールを失ってから6秒は全力でボールを獲るという鉄則があるので、そこを貫いてやっていきたいです」

個人的にはどういうプレーでチームに貢献したい?
「監督からは縦の突破を求められているので、縦の突破をしてクロスを上げたり、そこからシュートを打ったり、そういうところで貢献していきたい」

この1年間、成し遂げたい目標は?
「プレミアに参入して、夏のクラセンやカップ戦の全国大会でいい結果を残したい」

『MONARCIDA 2 NEO JAPAN』を着用した感想を教えてください。
「先端がカンガルーレザーということもあって足に凄くフィットしますし、重量も軽いのでとても走りやすいという印象です」

普段のスパイクとの違いは?
「普段、『MORELIA NEO』を履いているけれど、同じくらい履き心地が良いです」

自分のどのようなプレーが引き出せそう?
「僕はSHをやっていて、自分のプレーの特長はスピードを活かしたドリブルなどなので、軽いスパイクでドリブルもしやすいですし、スピードに乗っていけるのでとても良いです」

ボールタッチはどう?
「面積が広いので当たりやすくて、コントロールしやすいです」

フィット感については?
「小学生の頃は他メーカーのスパイクも履いていたんですけれども、なかなかフィットしなくて……。でも、ミズノのスパイクはめちゃくちゃ僕の足にフィットしていた」

フィットすることで何が違う?
「靴の中で足がズレないので踏み込みが全然が違います」

GK 渡辺舜作

GKは一個のミスが左右するポジション。スパイク選びも重要。
「GKはゴール前でテクニックを見せるポジションではないので、その一個一個の右足・左足のゴールキックだったり、カウンターに繋がるパントキックだったり、そこを通すには良いスパイクは重要。それを出すためにはフィット感は重要だと思う」

フィット感については?
「GKはスピード重視ではないので、足にどれだけフィットして動きやすいかみたいなところが大事。店舗で『これ、スピードあっていいですよ』と言われることもあるんですけれども、僕はフィットの方を選び。それがミズノのスパイクが多いと思います」

『MONARCIDA 2 JAPAN』を着用した感想を教えてください。
「自分、結構足幅広なんですけれども、ミズノのスパイクは他のメーカーよりも幅広なので愛用しています。これは今履いた感じ、フィットしている。初めて履いたスパイクは結構足が痛いんですけれども、これならすぐにプレーできます」

普段のスパイク選びのポイントは?
「履きやすいなというスパイクを選んでいます。ミズノのスパイクは価格もあまり高くないので」

他に印象的な部分は?
「デザインも僕気に入っていて、(養和の赤とも)マッチしているんですけれども、個人的にも赤が好きなので」

今年はどのような1年に?
「守備の養和と言われている。その中でもGKは一番後ろでDFだったり全員を鼓舞しなければいけない。その面では自分からリーダーシップを発揮して、まだ2年生なんですけれどもAチームの試合に絡んで、下級生・3年生関係なくどんどん声を掛けられるようにしたい」

三菱養和は例年、良いGKが出ているイメージ
「GKコーチが代わったのが僕が中1になった時。僕が良いGKになって花を持たせたい。GKコーチ代わったから養和のGKダメじゃんと言われたくない」

どのようなプレーでチームに貢献したい?
「自分は特別上手いGKではないです。でもGKは失点したらいけないポジションなので安定性という部分で無理なところ繋ぎに行ったり、不用意な飛び出ししないで失点しないプレーをしたいです」

目標は?
「2年生ですが今シーズンのプリンス(リーグ)に全試合出場して、来年自分たちの代はプレミアで戦います」

MF 松川隼也

『MONARCIDA 2 JAPAN』を着用した感想を教えてください
「初めて履いたんですけれども、このスパイクは結構ワイドで足幅のある自分に合っていて中敷きが滑らなくて良かったです」

やはり、足が中で滑らないことは重要?
「自分はMFで攻守の切り替えで連動することが求められるポジションなので、自分がボールを失った後も、近くの味方が失った後もすぐに切り替えるとなった時にすぐ踏み込めることで動けると思います。僕はロングボールが得意なんですけれども、足の中でズレないのでロングボールを蹴る時もズレなくていいです」

ボールタッチについては
「安定感があってしっかり蹴れて、自分の足にしっかり来ます。いつも履いているものよりは足に近い感じがしますね」

今年のチームについて教えてください。
「去年12月の終わりにプレミアリーグ参入戦で勝つと負けるとでは天と地くらいの差があると感じました。ガン泣きするくらい悔しかった。今年、クラブユースも、Jユースも結果を目指すんですけれども、12月に笑って終われるようなチームになりたい」

それができるチームにしていかないといけない。
「仲が良いのでそれが悪い方向に行かなければ、みんなやれると思う」

プレミア参入戦で勝敗を分けた部分は?
「相手の方が死にものぐるいでやっていたと思います」

守備の強みを持っているチーム。
「前線に収められる選手と足速い人がいるので、それを信じて後ろが守って1点取れれば、どんどん行けると思う」

今年はチームリーダー。どのような存在になりたい?
「監督からも中心になることを求められていて、自分も中心になっていかないといけないと思っている。下手なのでプレーではみんなにあまり見せることはできないけれども、戦う姿勢だったり、声かけることで中心になっていければいい。みんなの方が上手いので、僕は目立つことをしなくてもやってくれる。僕は支えていって、自分ができることを100パーセントやっていきたい」

中村敬斗くんの活躍も刺激に?
「小学校の頃から7年間一緒にやってきて、努力の質が違った。本当に何回も自分が納得行くまで練習するし、自分の身体のことを気遣うし、高校生の頃からプロの意識というか、意識高くやっていた。正直いないのは痛いですけれども、敬斗もLINEとかでこっちの情報も聞いてきて励みになっていると思うので負けないように頑張りたい」

 新たなサポートに感謝し、自分たちは懸命なプレーで期待に応える。そしてチーム、個人としても成長する、結果を残す一年へ。FW西田湧大は「(中村敬斗は)負けられない存在であり、ライバル。敬斗がいなくても点獲れなくなっていないよな、と言われないように得点を量産したいです」と誓った。昨年、プレミアリーグ参入戦敗退によって涙で終えたシーズンを今年は笑って終える。

MONARCIDA 2 NEO JAPAN(モナルシーダ2 ネオ ジャパン)

商品情報
■品番 P1GA1820
■価格 ¥15,500 (税抜)
■サイズ 22.0~28.5cm
■甲材 人工皮革・天然皮革(ウォッシャブルカンガルー)
■底材 合成底
■質量 約200g(27.0cm片方)
■原産国 日本製
■カラー 27:ホワイト×ブラック×ブルー 45:ネイビー×イエロー

厳選されたカンガルーレザーを採用することで、より自然に足の型にフィットします。

内側のステッチは、ボールタッチに最適な感覚を。外側のステッチは、練習で履き込んでも革の伸びを抑え、足の踏ん張りをサポートします。

ヒールカウンターとソールを一体化し、優れたかかとのホールド感を実現。カウンターの硬度を2層にすることで、横方向の動作時の足当たりをスムーズに。

履き口の内側を足に沿うような緩やかなカーブを形成する構造にし、曲線にしっかりとフィットします。

耐久性の向上とともにスタッドトップとベース部の段差をなくした設計で、より自分の思い通りにプレーできるようサポートします。

MONARCIDA 2 JAPAN(モナルシーダ2 ジャパン)

商品情報
■品番 P1GA1821
■価格 ¥13,500 (税抜)
■サイズ 23.0~29.0cm
■甲材 人工皮革・天然皮革(ウォッシャブルカンガルー)
■底材 合成底
■質量 約235g(27.0cm片方)
■原産国 日本製
■カラー 09:ホワイト×ブラック 62:シルバー×レッド

モレリアⅡと同じアウトソール、ラストをMONARCIDAシリーズに採用。足裏の形状に沿ったラウンドをつけることで、足裏から土踏まず部分のフィット感を向上させました。

アシンメトリーステッチを採用して内側の柔らかなタッチ感はそのままに外側の伸びを抑制します。

MONARCIDA 2 WIDE(モナルシーダ2 ワイド)

商品情報
■品番 P1GA1829
■価格 ¥13,000 (税抜)
■サイズ 24.5~29.0cm
■甲材 人工皮革・天然皮革(ウォッシャブルカンガルー)
■底材 合成底
■質量 約235g(27.0cm片方)
■原産国 日本製
■カラー 14:ホワイト×ネイビー×ゴールド

内足形も合わせてステッチパターンを最適化。内側のステッチは、ボールタッチに最適な感覚を。外側のステッチは、練習で履き込んでも革の伸びを抑え、足の踏ん張りをサポートします。

MORELIA Ⅱの包み込まれるようなフィット感をMONARCIDAシリーズで実現。カンガルーレザーが柔らかな足入れ感を生み出します。

キレのある動きをサポートする「ZEROGLIDE(ゼログライド)」

シューズ内での足の横ズレを抑制し、キレのある動きをサポート。一瞬の駆け引きや動き出しをサポートしてくれ、練習や試合でのパフォーマンスに貢献してくれます。

『MONARCIDA 2』の詳細はこちら!

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る