2017.02.03

風間八宏氏監修、トラウムトレーニング理論が唱える「運ぶ」の重要性とは

サッカー総合情報サイト

 今シーズンから名古屋グランパスの指揮を執る風間八宏氏が、子ども達にもっと自由にサッカーを楽しんでもらいたいと設立したサッカースクール「トラウムトレーニング」。内藤清志総監督は、筑波大学時代に風間氏の下でヘッドコーチを務め、その理論を吸収してきた。

 ヘッドコーチの立場でありながら、選手たちに混じってトレーニングに励み、汗だくになりながら風間氏の理論を体に染み込ませていった。そして今、自らがこれまでに積み上げてきたことを、トラウムトレーニングや各種セミナーで多くの選手、指導者に伝える役割も担っている。

 これまでサッカーキング・アカデミーでは、内藤氏のセミナーを開催しており、参加者からは非常に高い評価を得ている。次回のテーマである「運ぶ」ことの重要性について、内藤氏に語ってもらった。

――前回までは「止める」をテーマにセミナーを行ってきましたが、受講者の方々に理解してもらうため、どのようなことを意識して指導されたのでしょうか?

内藤清志 ボールを扱うという部分は、トラウムトレーニングで大切にしている要素の一つです。どのようにボールを扱えば、プレースピードが上がるのか、プレーの選択肢が増えるのかという部分を感じてもらえるように心がけて指導しました。ですが、頭の中で理解していても、実際にボールを扱ってみると、その難しさに気づいた方が多かったと思います。前回のセミナーをきっかけに、普段の練習から意識して取り組んでくれていたら嬉しいです。

――「止める」では“自分のボールの置き場所”という言葉が印象的でしたが、どのように「運ぶ」技術につながっていくのでしょうか?

内藤清志 まず初めに説明しておきたいのは、「止める」から「運ぶ」はステップアップという認識ではありません。「止める」をしっかりと認識してできるようになると、次のプレーがスムーズになったり、プレーの選択肢が増えることにつながります。「運ぶ」技術に関しても、体に対してどこにボールがあることが理想的で、どのようにボールを運びながら、どう次のプレーにつなげていくか、という考え方の部分は、「止める」で取り組んできたものと同じという認識です。ただ、「止める」と大きく違うところは、身体が動くことでボールの位置だけではなく、身体の状態や姿勢が変わることです。ボールを「運ぶ」という動作の先には、どこかでパスやシュートという「蹴る」動作に変わるので、運ぶ時の姿勢は意識してもらいたい部分ですね。運ぶ際の姿勢によって、ボールを蹴る時の力の伝わり方も変わってきます。「運ぶ」に関しては、身体の使い方が一つのポイントだと考えています。

――「運ぶ」技術を身につけるためには、どのような練習方法が有効的なのでしょうか?
内藤清志 よくやっているメニューとしては、ボールを持たずに全力で走った後、「そのスピードでドリブルしてみて」というものがあります。そうするとボールの扱いが難しくなりますよね。例えば、全力で時速20キロで走る選手に、「時速40キロでドリブルしろ」というのは不可能ですが、時速20キロのままドリブルすることは理論上可能です。ただ、ボールの有無で姿勢が変わってしまう選手は、タイムが大きく変わってしまうので、そこの部分は意識して練習させるようにしています。つまり、全力で走る体の使い方でボールを運べるかどうかということです。

――最後に参加を検討されている方へメッセージをお願いします。

内藤清志 ボールを自由に扱うということだけではなく、姿勢や体の使い方を意識してもらうことで、今の自分が持っている最大限の能力でボールを動かせるようになると思います。ドリブルや運ぶというフレーズを聞いて、かなりハードなメニューをやるイメージを持たれている方がいるかもしれませんが、そんなことは全くありません。自分のできることが増えれば、よりサッカーが楽しくなるはずです。ボールを扱いながら、自分の身体が自由になるという感覚を3時間のセミナー中で感じてもらえたらなと思います。

トラウムトレーニング総監督
TRAUM SV監督
つくば校ヘッドコーチ
内藤 清志(ないとう きよし)

筑波大学蹴球部で活躍後、風間八宏氏の下で同部トップチームのヘッドコーチを務める。4年間その指導を学び、風間監督退任後はトップチームの指揮を執った。2010年、トラウムトレーニング設立時より子ども達の指導に携わり、多くの支持者を得てきた。風間氏は内藤氏を、「大切なことをしっかりと伝えることに長け、粘り強く選手達に接することができる指導者」と評する。今ではトラウムトレーニング総監督、TRAUM SV(ジュニアユースチーム)監督、つくば校ヘッドコーチを任されて。
サッカーキング・アカデミーにて、トラウムトレーニング 内藤氏のセミナーを開催!
▼詳細はこちら▼

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る