FOLLOW US

大分の田坂監督「充実のキャンプができている。スカパーさんに感謝」

大分の田坂監督はプレシーズンカップの重要性について言及した

 1日に開幕した「Jリーグ・スカパー!ニューイヤーカップ」に参加している大分トリニータの田坂和昭監督が、初戦から一夜明け、本大会へ参加できたことが「チーム作りに大きなプラスになっている」と協賛のスカパー!に改めて感謝の意を評した。

 一昨年にJ1昇格を果たした際も債務超過の解消が話題になるなど、経営面で厳しい状況が続いている大分。従来なら「練習場が山の上にあるから、風が強くて、この時期は本当に寒い」という地元で開幕に向けた調整を進めるはずだったが、このプレシーズンカップに参加したことで「何位になっても賞金を出してもらえることになって、温かい宮崎でキャンプをすることができた」という。

 また、「J2にはクラブ事情でキャンプを張れないチームもあるし、なかなかプレシーズンマッチもできない。昨日もスカパー!の人にお礼を言いに行ったんだけど、本当にありがたいですよ。実際にお客さんが入って緊張感ある雰囲気で試合をできるのは大きいし、相手もある程度は本気で臨んでくる。プロ野球でいうところのオープン戦みたいな感じで。大分に残って練習をするよりも、かなり実りのあるトレーニングができている。この大会は来年以降、各クラブから人気になるんじゃないかと思いますよ。でも、もしそうなったとしても、来年以降も大分は外さないでほしい。俺がいつまで監督を続けているか分からないけれどね(笑)」と冗談を交えながら、関係者に感謝の意と、来年以降のお願いを口にしていた。

 1日の初戦で鹿島アントラーズに敗れた大分は、7日にJ1昇格を目指すアビスパ福岡と対戦。4日にはロアッソ熊本との「Jリーグ・スカパー!ニューイヤーマッチ」に臨む。

文=青山知雄


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO