2013.11.30

Fリーグ2013/2014……町田が“東京ダービー”を制して今季初の連勝

今季初の連勝に大きく貢献した町田の金山友紀 [写真]=本田好伸

SK1130_F24_machida 30日、Fリーグ2013/2014 powers by ウイダーinゼリー第24節府中アスレティックFC対ペスカドーラ町田の“東京ダービー”が、府中のホーム府中市立総合体育館で行われ、町田が2-3で接戦をモノにした。

 前節までで3連勝と好調を維持していた府中だが、この日の前半は町田ペースで試合が進んでいく。10分、相手陣内で金山友紀が厳しいプレスでボールを奪取しゴール前の滝田学へとパスを送ると、これを滝田が押し込んで町田が先制。さらに15分には、金山のシュートの跳ね返りを拾った篠崎隆樹がゴール正面からネットに突き刺した。

 町田が幸先良くリードを広げた試合は、後半に入って一転。後半開始からわずか24秒で府中の岡山洋介がゴールを奪い、府中が一気にペースをつかんでいく。その後の府中の再三に渡る攻撃は、町田の守護神イゴールを中心とした決死のディフェンスに防がれていたが、32分にその牙城を崩した。
 右サイドのダンタスからのパスを受けた田村研人が、GKイゴールに詰められながらも体をうまく反転させてゴールへと流し込んだ。これで試合は振り出しに戻り、ホームの声援を受けた府中が俄然勢いを増していた。

 しかし、勝ち越したのは町田だった。37分、逆転ゴールを奪うために前掛かりになった府中にとっては不運な形で、府中ゴール前で待つ本田真琉虎洲の下にボールが渡ると、本田がこれを落ち着いてゴールへとねじ込んだ。町田のキャプテン、横江怜が振り返る。「最後まで全員が同じ方向を向き、勝ち切る意識を持てた。最後の1点は(そういう気持ちが詰まった)チームで取った1点」。最後に勝敗を分けたのは、勝利へと向かう気持ちだった。

 府中は残り2分を切り、GKをフィールドプレーヤーの小檜山譲に代えてリスクを掛けてゴールを狙っていくが、町田の体を張ったディフェンスの前にネットを揺らすことはできず、試合は2-3で町田が勝利を収めた。

「内容は決して良くなかったが、勝ち点3を取れたのはポジティブなこと。後半の入り方はチームの大きな課題だが、(いつもであれば同点に追い付かれて終わってしまうところで)結果を出せたことは大きい」と振り返った関野淳太監督。ここまでのリーグ戦で10チーム中で最も多い8試合の引き分けがあり接戦を勝ち切れていなかった町田が、苦しみながらも“東京ダービー”を制し、今シーズン初の連勝を飾った。

[Fリーグ2013/2014 powers by ウイダーinゼリー 第24節 試合結果]
日時:2013年11月30日(土) 
会場:府中市立総合体育館(東京都)

府中アスレティックFC 2-3(0-2、2-1) ペスカドーラ町田

文・写真=本田好伸

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る