2012.10.16

ブラジル監督・メディアが日本代表を警戒「近代的なサッカーをしている」

エースネイマールは日本戦でも猛威を振るうか

日本代表は16日にポーランドでブラジル代表との大一番を迎える。この対戦について、ブラジルメディア『Super Esportes』が特集記事を組んだ。

 記事によると、ブラジル代表にとってこの試合は2013年に行われるコンフェデレーションズカップに向けてポジティブな印象を残すためのもの、という位置づけのようだ。

 ブラジルは11日に元日本代表監督のジーコ率いるイラクを6-0で圧倒した。この試合では、約1年ぶりの復帰となったカカがゴールを決め、ネイマール、フッキ、オスカルら前線の選手も揃って得点している。

 記事では、日本戦はイラク戦よりも多くの問題を解決しなければならないとした。また、日本はシステムが安定しており、プレーも高速であると警戒した。日本にカウンター攻撃を許すことは深刻なリスクであり、回避なければいけないと報じた。

 またブラジル代表マノ・メネゼス監督のコメントを引き合いに出し「日本は近代的なサッカーをしている。フランス戦は運動量豊富な対応をみせ、勝利した」と警戒レベルが高いことを伝えた。

 

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る