2012.08.01

鹿島がウニベルシダ・デ・チリを下してスルガ銀行チャンピオンシップを制覇

鹿島
PK戦を制した鹿島がスルガ銀行カップを手にした 

 スルガ銀行チャンピオンシップ 2012 IBARAKIが1日、カシマスタジアムで行われ、2011年度のナビスコカップ王者である鹿島と2011年度のコパ・スダメリカーナ王者であるチリのウニベルシダ・デ・チリが対戦した。

 鹿島は18分に岩政大樹が先制点を奪取。続く27分にも、レナトが追加点を挙げて幸先良く2点のリードを得た。

 しかし、40分にオウンゴールで1点差に詰め寄られて前半を折り返すと、73分に再び失点。2点のリードから試合を振り出しに戻されてしまった。

 同点後は互いに勝ち越し点を奪うことができずに、2-2のままで90分が終了。ルール上延長戦は行われず、PK戦に突入した。

 PK戦では、互いに5人全員が成功する中、サドンデスとなった7人目で先行のウニベルシダ・デ・チリが失敗。鹿島は7人目の西大伍も成功して7-6で勝利し、スルガ銀行チャンピオンシップ優勝を決めた。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る