FOLLOW US

宮本恒靖氏、引退試合でサッカーへの感謝を語る「人生の大事なことを学んだ」

 2011年12月に現役を引退した元日本代表DF宮本恒靖氏の引退試合が16日、ホームズスタジアム神戸で開催された。

 宮本氏はGAMBAフレンズ(G大阪の2005年J1リーグ優勝メンバーを中心に構成)、TSUNEフレンズ(日本代表の2004年アジアカップ優勝メンバーを中心に構成)、VISSELフレンズ(ヴィッセル神戸の2009年に在籍したメンバーを中心に構成)でそれぞれプレーし、VISSELフレンズのメンバーとして出場した第3試合で2得点を決めるなど、詰め掛けた1万5114人の観客を沸かせた。

 試合後の引退セレモニーで、宮本氏は次のように語っている。

「集まってくれたサポーターの皆さん、本当にありがとうございます。こんなにたくさんの人が来てくれて、うれしく思います」

「一緒にプレーしてくれた選手の皆さん、ありがとうございました。集まってくれた選手のみんなのおかげで素晴らしいプレー、素晴らしい試合ができました。思いがけず、息子の恒凛(こうりん)ともプレーする機会をもらって、いい試合、いい思い出ができました。たくさんの方の協力によってできたこの引退試合、本当にありがとうございます」

「17年間、いろいろなことがありました。ガンバで試合に出られなかったこと。ガンバでなかなか勝てなかったこと。それでも少しずつ勝てるようになっていったこと。日韓ワールドカップに出たこと。アジアカップで優勝したこと。ドイツ・ワールドカップで悔しかったこと。ザルツブルクに行ったこと。神戸に来たこと。本当にいろいろなことがありました」

「プロになった当初、代表になってワールドカップに出られるなんて思っていなかったです。それでも、毎日の練習や試合の後に『どこが悪かったのか、どうすればうまくなるか、何を変えていかなければいけないのか』を考え続けた17年間でした。それが成長につながったのだと思います」

「サッカーを通して、『考え続けなければいけない、歩みを止めてはいけない』ということを学びました。人生の大事なことをサッカーに教えてもらった。でも、まだ35歳。人生はまだまだ続きますし、僕はこれからも真摯にサッカーに向き合っていきたいと思います」

「サッカーはこの日本でもっともっと大きな存在になれると思いますし、そうなっていかなければいけない。毎試合スタジアムが満員になる。親子三世代が手を取り合ってサッカーを見に行くことが普通になる。グラウンドがたくさんできて、子供たちがどこでもサッカーをできるようになる。そして、ワールドカップで日本が優勝する日が来ること。僕は絶対にそんな日が来るのではないかと思っています」

「そのために、みんながそれぞれの立場で頑張らなければいけないこと、やれることがあります。選手は良いパフォーマンスをして、お客さんに感動を与える。サポーター、ファンの皆さんはサッカーの素晴らしさを周りに伝えてください。そして、周りの人をスタジアムに連れてきてください。僕は僕で、これから学ぶこと、経験することでサッカー界の発展に貢献していきたいと思います」

「サッカーの力って本当に素晴らしいと思います。サッカーは素晴らしいスポーツだと思います。25年前、そんなサッカーに出会えて本当に幸運だったと思います。そんな幸運に感謝しながら、すべてのサッカー関係者に感謝しながら、17年間ずっと宮本恒靖を応援してくださったファンの皆さんに感謝しながら、そして最後に、いつもそばで支え続けてくれた家族への感謝を込めて、引退試合の挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました」

[写真]=吉田孝充

Jリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA