2012.07.14

快勝の広島が2002年以来の首位…総得点で仙台をかわす/J1第18節

 J1第18節が14日に各地で行われた。

 首位に立つ仙台は、敵地で4位の名古屋との上位対決に臨んだ。しかし、両チーム決め手を欠き、0-0の引き分けに終わった。

 仙台が白星を落としたことで、首位に立ったのは広島。2分に清水航平の得点で幸先良く先制すると、前半の内に佐藤寿人が2ゴールを追加し、ホームで川崎を3-0で下している。この結果、広島は仙台とともに勝ち点36となり得失点差でも並んだが、総得点で上回って2002年のファーストステージ第1節以来、10年ぶりとなる首位に浮上。仙台は第2節から守ってきた首位の座を譲ることになった。

 なお、3位は新潟とのアウェー戦を0-0で引き分けた浦和が維持。4位には札幌相手にホームで4-1と快勝した磐田が浮上している。

■J1第18節
清水 3-5 柏
大宮 2-2 神戸
新潟 0-0 浦和
磐田 4-1 札幌
名古屋 0-0 仙台
G大阪 1-2 横浜FM
C大阪 0-1 鹿島
広島 3-0 川崎
鳥栖 1-0 FC東京

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る