2012.07.12

欠場の吉田麻也「全体でリスクマネージメントしないといけない」/NZ戦

 U-23日本代表は11日、キリンチャレンジカップで、U-23ニュージーランド代表と対戦。杉本健勇が先制点を挙げたが、後半ロスタイムに失点して1-1で引き分けた。

 試合を欠場した吉田麻也と村松大輔が、以下のように語った。

吉田麻也
「(チャンスはあったが点まで結びつかなかったが?)ああいうふうにボールを回してるんだけど攻め込めないっていう時にリズム崩れてからまた自分たちのリズムに取り戻すまでにだいぶ時間がかかるんで、そういうところが課題かなと思いましたね」

「(今日はやっと点が入ったが取られたが?)まあでもよくサッカーで起こり得るシチュエーションなんで、特に終了間際なんかはボランチの誰がミスしたとかじゃなくて、全体としてしっかりリスクマネージメントしないといけないところだし、点が入らないとああいうシチュエーションにはなりうるんで、そこはしっかりみんなが反省しないといけないところだと思います」

村松大輔
「(最後の失点に絡んでしまったが、あの時間帯は何を考えていたのか?)そうですね、結構前から来てたんで、食われないように気を付けてたんですけど、うまく食われちゃったかなという感じです」

「(横パスが増えてたが?)あの時間帯で横パスは結構リスキーだと思いますし、残り1分2分くらいだったんで、セーフティにやった方がいいかなと思います」

「(改めて国際試合の終盤の戦い方のむずかしさを実感した?)そうですね、かなり身を持って知らされたんで、これを絶対に繰り返さないようにやってくしかないと思ってます」

「(出るとしたらクローザーとして出ることが多くなると思うが?)本当に簡単に簡単にやるってことと、終盤はセーフティに相手も来ると思うんで、それを気を付けてやっていきたいです」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る