2012.07.12

先制弾のU-23代表の杉本健勇「最後やられたのは残念」/NZ戦

 U-23日本代表は11日、キリンチャレンジカップで、U-23ニュージーランド代表と対戦。杉本健勇が先制点を挙げたが、後半ロスタイムに失点して1-1で引き分けた。

 試合後にU-23日本代表の杉本健勇が、以下のように語った。

「(U-23での初ゴールは)徳君(徳永悠平)がトラップした時点で下もスリッピーだったんで、こぼれてくるかなって感覚があったので、体が反応しました。嬉しかったですけど、結果をみれば最後やられているんで、そこは残念でしたね」

「(出るときは?)ゴールをどんどん狙って、前で収めてって感じです」

「(どこをアピールしようと思ったか?)一番はゴールですよね。その他ではクロスの入り方だったり、クロスで合わせる場面が少なかったんで、もうちょっと入る人数を増やすだったり、入り方だったりをもうちょっと工夫というか修正しないと。今日もバックラインの身長高かったんで、全部ああいうボールは跳ね返されるんで、もっと効果的にやらないといけないなと思いますけど」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る