2012.07.08

ナイキ「THE CHANCE」、鹿実の内村・木村、鎮西高の松村が九州ラウンドを突破

 ナイキジャパンは7日、世界規模で実施しているスカウトプロジェクト「THE CHANCE」のジャパンセミファイナル九州ラウンドを福岡県福岡市の福岡フットボールセンターで開催した。

 鹿島アントラーズなどで活躍した元日本代表DF名良橋晃氏らスカウト陣(名良橋氏は特別スカウト)が見守る中、34名が参加した九州ラウンドでは、垂直跳びや20メートルダッシュなどのフィジカルテストの他、5対5やポジション別のミニゲームを経て、1次選考通過者による30分2本のゲームを実施。FW内村一哉、MF木村健太(ともに鹿児島実高)、MF松村哲太(鎮西高)の3選手がジャパンファイナル進出者として選出された。

 以下、3選手のコメント
■内村一哉(鹿児島実高)
―セミファイナルを勝ち抜いた感想は?
「周りの選手もすごくうまくて、その中で自分の持ち味である周りを見る動きを出すことができて良かった。最初は緊張しましたけど、少しずつ自分のプレーを出せたと思います」

―どんな気持ちでセミファイルに臨んだか?
「こういうチャンスをもらったので、しっかりやろうと思っていた。声を出したり、自分にできることをやろうと思いました」

―自分にとって「THE CHANCE」に挑戦する意義は?
「夢はプロになること。自分にとって、これは大きなチャンスだなと思っていました。絶対にジャパンファイナルに行きたい、そういう気持ちでした」

―憧れ、目標としている選手は?
「岡崎(慎司)選手や前田遼一選手、海外ではディエゴ・ミリートやウェイン・ルーニーです」

―将来の夢は?
「ストライカーとして成長して、日本代表のメンバーになってワールドカップに出場したいです」

―最後に、ジャパンファイナルへ向けて意気込みを教えてください。
「プロになるための大きなチャンスだと思うので、自分の持ち味をしっかり出して、アピールして、3人に残れるように頑張ります」

■木村健太(鹿児島実高)
―セミファイナルを勝ち抜いた感想は?
「自分の持ち味を出すことができました。絶対にジャパンファイナルに残るという気持ちでセレクションに臨みました」

―自分の一番の持ち味とは?
「サイドの突破からの正確なセンタリング、スルーパスが持ち味だと思います」

―将来の夢は?
「将来は浦和レッズの選手になりたいです」

―最後に、ジャパンファイナルへ向けて意気込みを教えてください。
「うまい選手がたくさん集まるので、負けないように自分の長所を出していきたいです」

■松村哲太(鎮西高)
―セミファイナルを勝ち抜いた感想は?
「自分が選ばれるとは思わなかったので、素直にうれしいです。ドリブルには自信があったけど、ディフェスがうまくいかなかったので、本当にうれしい」

―憧れ、目標としている選手は?
「ドリブルもできて、アシストもできて、シュートも決められる選手。憧れは清武(弘嗣)選手と(アンドレス)イニエスタ選手。ボールタッチ、ドリブル、パスもシュートも全部できるところがすごいと思います」

―最後に、ジャパンファイナルへ向けて意気込みを教えてください。
「自分の持ち味であるドリブルやシュートができるように、これからの練習を頑張っていきたいです」

 セミファイナルはこの後、14日に関西、16日に関東で実施され、セミファイナル合格者と、日本各地を訪問するナイキスカウトから参加権を獲得したプレーヤーを合わせた約50名が21日、22日に行われるジャパンファイナルに参加。最終的に選ばれた3選手は、8月にバルセロナで開催されるグローバルファイナルに進出する。


[写真]=土肥亮介

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る