2012.07.05

サッカー大好き芸人の土田晃之が香川にエール「マンUの王様になってほしい」

 4日、秋葉原のアキバシアターで、映画『ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-』(7月7日全国公開)の特別観賞会が行われ、サッカー大好き芸人として知られる土田晃之氏がトークショーに登場。日本代表MF香川真司が今夏に加入したマンチェスター・Uについて語った。

 映画は1958年2月、チャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)に参加したマンチェスター・Uの選手やスタッフ、報道陣を乗せたチャーター機が、敵地からの帰路中に給油のため立ち寄ったドイツ・ミュンヘンの空港で離陸に失敗し、チームの主力選手8名を含む23名が犠牲となった「ミュンヘンの悲劇」を題材としており、その悲劇を乗り越えてクラブの再生を目指したコーチのジミー・マーフィーや、後にクラブ歴代1位の249ゴールという不滅の金字塔を打ち立てた英国フットボール界の至宝ボビー・チャールトンが事故のショックから立ち直る姿などが描かれている。

「ここまで細かいことは知らなかった」という土田氏は、事故からわずか2週間後に選手を集めて試合を行ったことについて、「あんな状態ならば、試合を休むのが普通」とコメント。印象に残ったシーンとして、ジミー・マーフィーが事故後、一時的なクラブ閉鎖を提案する理事の前で「あの惨事には負けない。何があってもチームを再建する」と語った場面を挙げ、「彼がいなければ、今のマンUはないでしょう」と話した。

 また、マンチェスター・Uに加入した香川についても言及。「パク・チソンがマンUに入ったときは羨ましかったですけど、これで並びましたね。非常にうまい選手なので、いい感じで試合に出させてもらって、周りといい感じで絡めれば。すごい若手芸人がいても、みんなの助けがないとダメですから」と話す土田氏は、「キャプテン翼の話は夢のようだったのに、すごい時代になりましたね。早く赤いユニフォームの香川が見たいですし、(ウェイン)ルーニーが1トップで、香川はトップ下でプレーしてほしいです」とコメント。

 さらには「ドルトムントのような素晴らしいプレーをすれば、チームの王様になれる可能性もありますし、ステップアップしてさらに上を目指してほしいですね」と話し、香川へエールを送っている。


[写真]=石田達也

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る